阪神の一二三 育成で再契約 イップス克服も不運の野球人生

阪神の一二三慎太外野手が

戦力外通告され、

来季は育成選手として阪神と再契約した。

阪神の一二三は、東海大相模高校出身で

最速150 km/hの速球を持つ甲子園準優勝投手

打撃センスもあり、

高校時代には5番を打つ強打者で

プロで年間20本を打てる素材」と

投打で騒がれていた。

一二三

甲子園で活躍した選手が、

今窮地に立たされている。

東海大相模高時代では、

プロのスカウトの注目をあび

ドラフトでは阪神から2巡目で指名され、

投手としてプロ野球の世界に飛び込んだ。

しかし、

高校3年の春

彼の人生が狂いの始まりであった。

スポンサーリンク

イップスでサイドスローへの転向

元々は最速149 km/hの速球を

投げるオーバースローの投手。

スライダー、フォークボール、チェンジアップ

を武器に制球力のある

完成度が高い投手であったが、

高校3年の春に、

「どうやって投げたらいいのかわからなくなった」

とフォームを崩し、

更に、練習試合では、

頭部へのデッドボールを当ててしまう。

これ以降、イップスに悩まされ、

フォームをサイドスローに変更した。

スポンサーリンク

右肩痛で打者へコンバート

プロ入団前の1月に

溶連菌感染症の影響で、

春季キャンプの

新人合同自主トレーニングから出遅れ、

キャンプ中に右肩痛を起こし、

1年目のシーズンが終わってしまった。

公式戦の出場はゼロであった。

右肩痛が原因で、

投手をあきらめ、外野手へのコンバートした。

左足骨折の不運でチャンスを逃がす

2年目からは、外野手として登録。

ウエスタン・リーグで打者としての経験をつみ、

3年目には、

ウエスタン・リーグで4番打者となり、

打撃面で急成長と遂げた。

一軍昇格が秒読であり、

フレッシュオールスターゲームへの

出場も決まっていたが、

守備でダイビングキャッチした時、

左足をフェンスに強打し

左足の剥離骨折となった。

この為、

フレッシュオールスターの出場を辞退、

一軍昇格のチャンスを逃がした。

その後、4、5年目が結果が出ずに、

2015年に戦力外通告を言い渡され、

育成選手として阪神で再起をかける。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする