佐世保の赤マテ貝が旬。ホンマに美味い珍しい貝

佐世保市がブランド産品化に
取り組んでいる「赤マテ貝」が
今旬を迎えている。

20160409-01

「マテ貝漁」が最盛期を迎える
この時季恒例のイベントもある程。

3月13日には、佐世保市
針尾北町の浦頭埠頭広場で
「もう、マテない!魚貝まつり」が
開催されている。

スポンサーリンク

佐世保で愛されている赤マテ貝って?

マテガイ(馬刀貝)は主に西日本で多く
食用にされている二枚貝の一種。

一般的な貝とは違い、
細長い形状をしているのが特徴。

20160409-05

マテ貝の旬は、2月~5月頃
で春先が非常に美味しい。

貝の捕り方も変わっている。

砂地に作る巣穴に塩を振って
マテガイが出てくるところを捕獲。

これは、
マテガイが塩分濃度に敏感であり、
塩を撒くと、塩分濃度が上昇するので、
巣穴から飛び出すのである。

しかし、佐世保の赤マテ貝は
ちょっと違った方法で捕まえます。

生息が水深10~30mの海底。
専用のかぎ針を使って刺して獲る
「突き漁」という伝統漁法で
水揚げされる。

20160409-03

スポンサーリンク

その赤マテ貝のお味は?

うま味と甘みが強く、
食感がプリプリ。
癖はない。

焼いても、煮ても美味しく、
和洋中様々な料理にぴったり。

具体的には、

バター炒め
酢味噌和え
炭火焼き
佃煮

などにして食べることが多い。

20160409-07

20160409-04

スーパーには売ってませんが?

スーパーでは見た事がありません。
大手スーパーとか探しましたが
見つかりませんでした。

海の近くのお店にはあるのかも?

Amazonでも売ってませんが、
楽天市場で売っていました。

残念ながら、
佐世保の赤マテ貝でないのが、
残念です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする