余命5年とは? 5年生存率50%の意味

北斗晶が、

「5年生存率50%」と通告された。

川島なお美も、

生存率が50%とか30%とか言われていた。

その、生存率ってどういう意味なのだろうか?

余命と生存率は違う意味なか?

調べてみました。

余命宣告

癌になった場合、

医師から「余命宣告」される場合がある。

その余命宣告とは、

残りどれだけ生きられるのかを

予想して告知することです。

しかし、

「余命=残りの寿命」

ではありません。

余命というのは、

あとどれくらい生きられるのか?

を意味しますが、

余命宣告通りに亡くなるケースはない。

余命1年と言われた人が5年以上生きることもあり、

逆に1ヶ月で亡くなることもある。

実際にいつ亡くなるのかは神で無いと分かりません。

ではどうやって、

余命期間を導いているのでしょうか?

スポンサーリンク

生存率の意味

癌の治療の5年後に

どれくらい人が生きているのかを

表した割合をいいます。

癌の発生場所と

4段階の進行度により

「5年後に何%の患者が生存されているか」

というデーターがあります。

この「5年後に何%・・・」と言うのが、

「5年生存率」と言います。

例えば、

「5年生存率50%」であれば、
100人が癌の治療を受けて、
その5年後に生きている人は50人。

「5年生存率10%」であれば、
100人が癌の治療を受けて、
その5年後に生きている人は10人。

癌の進行度が進むにつれて、

5年生存率が低くなる。

スポンサーリンク

余命期間の意味

余命は、「残された命の期間」ではなく、

「生存期間中央値」のことです。

その、生存期間中央値とは、

同じ癌の同じ進行状態の集団において

50%(半分)の患者さんが

亡くなるまでの期間のことです。

例えば、

「余命3年」であれば、
100人が癌の治療を受けて、
その3年後に生きている人は50人。

「余命1年」であれば、
100人が癌の治療を受けて、
その1年後に生きている人は50人。

しかし、1ヶ月で亡くなる人もいれば、

10年も長生きする人もいる。

あくまでも、中央値であり、

個人差により誤差がある。

余命期間が短い場合は誤差が少ない

余命は生存期間中央値を元に宣告されるため、

余命期間には個人差により誤差があります。

しかし、この余命期間が短い場合には、

誤差が小さくなりる統計がある。

余命1ヶ月や2ヶ月と言われた場合に、

5年先、10年先を生きていることは少ない。

統計データでも、

余命が3ヶ月以内の場合には、

かなりの確率で3ヶ月以内、

もしくはもっと短い期間で

亡くなられることが多い。

スポンサーリンク

「余命3日」

では、「余命3日」とは

どういう意味なのでしょうか?

食べ物を受け付けない、
呼吸困難である、
内臓の機能が極端に低下、
意識がもうろうとしている、

などの末期的な状態に陥れば、

余命が数日であることは、

医師の経験から予想できます。

そういった場合に、宣告されるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする