泉州水なす 口から水分があふれる程の水分 手で裂いて生で食べてみてください

大阪の伝統野菜で夏の味覚である 水なす

小さい頃、水なすの浅漬けを食べたときの感覚が未だに忘れられない。

噛んだ瞬間になすから水があふれ出てきて、

一瞬に口の中が水分でいっぱいになりました。

子供の口でしたので、よだれの様に水分が口からあふれ出てきたのです。

あふれるほどの水分は、とても美味しく、神の水のような感覚でした。


水なすは通常の茄子とは違って、

小さくて丸くて、表皮が薄くほのかな甘味と柔らかな果肉を持ち、

水分を多く含んでいる。

水なすの旬は、6~8月であり、大阪・泉州が本場である。

その食べ方は、漬物が定番であるが、

生のまま、冷蔵庫で冷やして縦に手で裂いて

生姜醤油 や 鰹節醤油で。

塩のみで食べるのも食通のようです。

その他、揚げ浸しなど通常の茄子として調理しても問題ありませんが、

高級な水なすだけに、生でいただくのがベストな食べ方のようです。

大阪泉州に出かけられない場合は、Amazonや楽天でも

生水なす、水なす漬けなど購入が可能です。

また、贈り物としても重宝されており、

評判も非常によいようで、楽天の平均評価が4.5以上であり、

失敗の少なそうな商品のようです。

スポンサーリンク

生水なす

生は、期間限定となっていますので、初夏~夏以外での購入は難しそうです。

水なす漬

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする