視聴率13.0% 卓球の競技人口が増えている

2017年9月4日の読売新聞夕刊では、

『卓球格好いい 私もやるぞ』 の見出しで、

卓球の競技人口が増えている記事が載っていた。

少子化の影響で、

野球やサッカーなど人気スポーツの競技人口が

軒並み減少し続けているこの時代で、

卓球の競技人口は5年前から10%も増えている。

30万4620人(2012年) → 33万3567人(2017年)

これ以上に驚くのが、

6月2日にテレビ東京が中継した「世界卓球」の視聴率が、

13.0 %

と、驚異的な数字をたたき出している。

この13.0%という数字は、

2017年夏のドラマの視聴率が、

1位:コード・ブルー 14.4%

2位:過保護のカホコ 11.4%

3位:刑事7人     11.3%

であるので、

13.0%の世界卓球は堂々の2位!

スポンサーリンク

卓球人口の増加に火をつけたのは、

福原愛選手ら女子団体が初めてメダルを獲得した

2012年のロンドン五輪であろう。

その4年後のリオ五輪では、

女子団体はメダルを獲得し、

男子も個人と団体でのメダルを獲得。

2017年の世界卓球では、

混合ダブルスで金。

女子シングルスで銅。

また、14歳の張本智和も最年少記録で優勝している。

大会があるごとに、卓球の話題が必ずニュースになる。

メダルも期待できるので、TV中継も増えている。

これからは、どんどん卓球の人気が広がるのでしょう!

記事の中には、74歳の女性が

「卓球をやり始めて足腰が強くなった」 と

お年寄りにも気軽にでき、健康的でGOODかもしれません。

ひと昔、温泉宿でやっていた卓球を思い出しますね。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする