「とり野菜みそ」食べた感想。冬でも夏でも食べれる!

石川県民の熱愛グルメで

鍋が本当に美味しく食べられる、秘密の鍋の素!

「秘密のケンミンSHOW」 や

「マツコの知らない世界」 でも紹介され、

「うわ、これウマいな~!これでお味噌汁作ってもいい感じ。このお味噌、家にあると何にでも使えるわ」

と、マツコも舌打ちし感動した秘密の鍋の素とは、

↓   ↓   ↓

『まつや とり野菜みそ』

この「とり野菜みそ」は、

お鍋専用に作られた石川県民激愛のスペシャル味噌で、

この素を使うと野菜がとっても美味しく食べられ、

【うまい鍋を食べた!】 っときっと満足できるはず。

20160321-みそ鍋

作り方はとっても簡単な3ステップ!

1.水(450cc)を入れた鍋に、とり野菜みそを溶かします。

2.次に、お好みの肉・白菜・にんじんを入れ、火にかけます。

3.煮立って肉に火が通ったら、とり野菜みそ鍋の完成です。

いろいろな食材と合うみそなので、

入れる材料はキノコ、魚、豚肉など何でもOK。

最後の〆には、うどんを入れていただくと最高です。

あきのこない味ですので、何度でも食べたくなります。

スポンサーリンク

我が家でも、この『まつやのとり野菜みそ』を愛用しております。

野菜嫌いの子供が 『これ、うまい!』

と言ってみそ味の野菜をパクパクと食べていました。

鶏肉も、普通の鍋ですとカスカスになるのですが、

味噌で炊く為か?カスカスのならず、

ぷりぷりした食感が楽しめました。

最後の〆には、ラーメンを入れました。

うどんも良いけど、ラーメンを試してみました。

野菜の旨味を含んだとり野菜みそスープが

麺にからんで濃厚で絶品でした。

この味なら、母の日や父の日の贈り物に、

また、宴会時の鍋料理に使えます。

そして、常温保存ですので保管が取っても楽です。

スポンサーリンク

この「とり野菜みそ」は、

アイデア次第で色々な料理に使えます。

こんなスタミナ野菜味噌ラーメンも作れてしまいます。

20160321-ラーメン

また、ピリ辛い味がお好みの方には、

特製豆板醤入りみその

『ピリ辛とり野菜みそ』 がお勧め。

20160321-から鍋

こちらは、豚肉との相性が抜群です。

『ピリ辛とり野菜みそ』 と 『とり野菜みそ』 を

混ぜ合わせて、辛さを調整することも可能です。

『とり野菜みそ』の口コミも良いみたいです。

人気の理由がよく分かりました。野菜との相性が良く、どの野菜も美味しく頂きました。絹ごし豆腐も相性バツグンでした。

ご近所さんにも喜ばれました!とってもおいしいです。なべ料理にピッタリ!

袋が小さめだったので、味は、薄めかと思いましたがかなりの濃い目で野菜を沢山入れても最後まで美味しく頂けました、冬前に再度購入したい商品です。

真冬はもちろんのこと、真夏でも美味しいです。

暑い日は、家中をエアコンでギンギンにて、

あつ~い鍋を食べるのも、最高に美味しいですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする