DeNA新監督はラミレスに決定 2年契約で年棒7000万程

横浜DeNAベイスターズの新監督に

アレックス・ラミレスが決定した。

今季限りで退任する初代監督中畑清の後を

DeNA第2代監督としてラミちゃんが継ぐ。

契約は、

2年契約で、

年棒は7000万円程度。

日本のプロ野球の監督を目標にしてきたラミちゃんが、

DeNAを建直す。

ラミレス

DeNAの新監督には3つの条件

DeNAの新監督には3つの条件があった。

(1)4年間のチーム作りの継承
(2)横浜にゆかりがある
(3)勝てるチーム

の3点だった。

スポンサーリンク

(1)のチーム作りであるが、

ラミレスは、2012年から2年間横浜でプレーしていたので、

内部選手の戦力を分かっており、

チーム内部事情や、GM制度への理解も出来ている。

(2)の横浜にゆかりがあるだが、

「DeNAで2年間プレーしていたのでゆかりがある」と、

無理やりくっ付けたようである。

ニュースでは、厚木育ちで、
東海大相模高、東海大の出身で、
神奈川に深い縁を持つとの理由で、
巨人の原監督を水面下で進めていたのだが。。。
だめだった様ですね。

(3)の勝てるチームですが、

ラミレスは、引退してまだ数年。

その為、指導経験が豊富ではない。

その穴を豊富なコーチスタッフで埋めるらしい。

DeNAは、3つの条件で監督を探していたが、

結局その条件は、

無理やり当てはめた

見たいになってしまいましたね。

スポンサーリンク

ラミレスの野球人生

ラミレスはベネズエラ・カラカス出身

1998年からメジャーでプレーしており、

2000年11月にヤクルトに入団。

1年目から打率.280・29本塁打・88打点

の好成績をマーク。

2003年には巨人に移籍。

2007年、シーズン200本安打を達成するなど、

巨人の4番打者として活躍していた。

2012年からは、DeNAでプレーする。

2013年には、2000本安打を達成し、

外国人枠適用経験選手では初の名球会へ入った。

2013年に戦力外通告で退団。

日本プロ野球界では、

MVP2度
首位打者1度
本塁打王2度
打点王4度
最多安打3度獲得

を獲得しており、

通算打率3割1厘、380本塁打。

3割超えのすごい成績を残しました。

2014年からは、BCリーグ・群馬で1年間プレーし、

現役を引退していた。

引退後は、オリックス巡回アドバイザーなどで、

野球畑に身を置いている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする