「N高校」ってどんな高校? カドカワが来春開校

カドカワは、

来春にインターネットを利用した

新しい通信制高校を始める。

その名は、 「N高等学校」。

N3

本校を沖縄県うるま市におくが、

東京、大阪でも会場があるらしい。

この学校を作ったカドカワの社長は、

「手に職をつけて卒業できるようにしたい」と話し、

10月14日より生徒募集を行っている。

しかし、今ひとつ内容がわからない。

概要ではあるが、調べてみた。

スポンサーリンク

『N高校』の名前の由来は、

Netの“N”やNew、Next、Necessary、Neutralなどの

頭文字の”N”がとられた。

学校教育法第1条に定められた高等学校で、

普通の全日制高校と同じ卒業資格が貰えます。

更に、課外授業を受けることができ、

プログラミング授業
文芸小説創作授業
エンタテインメント授業
ファッション・パティシエ・ビューティ・ゲーム授業

などの種類の課外授業で手に職をつけられる

卒業するための条件があります。

・高校の在籍期間が3年以上
・取得単位数が74単位以上
・必履修科目を全て履修
・特別活動を必要時間数受講

上記4つの要件を満たすと卒業できます。

留年と言う考えがなく、単位性なので、

単位をとれば卒業が出来るそうです。

また、編入生、転校生として入学でき、

年齢の上限も無いようです。

スポンサーリンク

入学する方法は、

学力入試と言う入学基準がなく、

「将来こうなりたい」、「今の自分を変えたい!」

という意欲を重視。

書類選考と必要に応じての面接で判断される。

本校が沖縄にあるので

気になる通学であるが。。。

通学は必要が無いようです。

年1回5日間程度のスクーリングに参加すればOK。

スクーリングは東京、大阪でも参加できます。

しかし、

入学式、卒業式の基準が

書かれていません。

沖縄?かもしれませんね。

スポンサーリンク

気になる学費ですが、

入学金:50,000円
授業料:5,000円(1単位)
施設設備:50,000円(年間)
教育諸費用:25,000円(年間)

国の就学支援金を申請することも可能。

3年間のシュミレーションでは、
入学金:50千円
授業料:74単位×5千円=370千円
施設:50千円×3年=150千円
諸費用:25千円×3年=75千円

総額:645,000円

国の援助が356,088円ありますので、

4,812円(1単位)×74単位=356,088円

差し引いて、

支払い総額:288,912円

その他、制服や移動費などが必要となるでしょう。

N N2

ネットを使った新しい取り組みのようですが、

個人のやる気!

が無ければ続かないのでは?

強制されるのではなく、

自分から好きな時間を好きなように。。。

その時間管理が出来る人間でないと、

卒業まで苦労するような感じがします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする