ノーベル賞の大村智は、異例の定時制の理科教員で美術好き

大村智さんが

ノーベル医学生理学賞 を受賞。

NOBEL-MEDICINE

現在、大村智さんは、

北里大特別栄誉教授

の肩書きを持っているが、

実は、

定時制高校の教師出身

の異色の経歴の持ち主だったのです。

それに、

美術にも堪能であり、美術館まで建設している。

スポンサーリンク

1958年に山梨大学を卒業後、

工業高等学校定時制で

理科の先生で働いていた。

ここまでは、普通の人って感じですが、

その後が凄い!

名門の

東京理科大学や東京大学の博士号等

難しい学位を取得。

名門である、北里研究所に入所

輝かしい経歴を作り上げて行きます。

大村智

大村さんの生い立ち

1935年7月12日
山梨県北巨摩郡神山村(現在の韮崎市)で生まれた。

1954年、
山梨県立韮崎高等学校を卒業後、
山梨大学学芸学部自然科学科へ現役で合格

1958年
4年で大学を卒業し、
東京都立墨田工業高等学校定時制に
理科教諭として勤務する

1963年
東京理科大学大学院理学研究科修士課程修了
母校の山梨大学助手となる

1965年
北里研究所入所され、実力を更に発揮
僅か3年後

1968年
北里大学薬学部助教授となる。
同時に、
東京大学より薬学博士も取得

1970年
東京理科大学より理学博士を取得

1975年
北里大学薬学部教授

1985年
北里学園理事

1990年
北里研究所長

1997年
女子美術大学理事長

2007年
北里大名誉教授

大村さんお出身高校の韮崎高校は、

偏差値は結構高いですね。

今は、文理科と普通科があり、

普通化の偏差値が54。文理が60。

昔は、多分違ったかもしれませんが、

今の韮崎はレベルが高いですね。

山梨大学は国公立で申し分なし。

単に地元の大学を選んだのでしょう!

スポンサーリンク

大村さんは美術にも興味がある

美術にも興味がある大村智さん

1997年に

女子美術大学理事長 を務める程、

美術にも深い知識がある。

美術作品の収集家の一面も持っており、

2007年には約5億円の自費で、

地元の山梨県韮崎市に

韮崎大村美術館

を建設した。

そして、1800点を超える作品と共に

韮崎市に寄贈

初代館長を務めている。

スポンサーリンク

信じられない。

次元の違う大きな心を持った人なのでしょう。

自分は、1円でも節約生活している身。

今は、人の為とはいってられない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする