ベッカム長男のタトゥーがマザコン

ベッカムの長男「ブルックリン・ジョセフ・ベッカム」

の新しいタトゥーには、「マザコン」と彫られている。

スポンサーリンク

ブルックリンがオーストラリアでジョギング中に

パパラッチされた写真がこちら。

20170810-004

アップで見てみると、

20170810-005

左胸には、

「Mama’s Boy」

とタトゥーの文字が彫られている。

人間のハートを意味する

心臓の近くにタトゥーを彫るって言うことは、

『非常に大事にしている』ってことだろうか?

これって日本人的な考えなのか?

海外ではもっと違う風習があるのだろうか?

では、「Mama’s Boy」って

どんな意味なのだろうか?

調べてみると、

 マザコン男性

 ママ男

 母親にべったりの男性

と、想像した通りの意味であった。

スポンサーリンク

ブルックリンは、1999年3月4日生まれであるので、

「Mama’s Boy」とタトゥーを彫ったのは、

18歳の時である。

18歳で「Mama’s Boy」なので、

やはり マザコン ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする