菊間千乃の父親(崇祠)は、スパルタで門限にうるさい

菊間千乃の父親は、

菊間の彼氏を呼び出して

土下座させて蹴った。

20161005-01

菊間の父親の菊間崇祠(きくま たかし)は、

バレーボールで有名な、王子実践高の

女子バレーボール部の元監督である。

1958年に社会科の教員として赴任し、

バレー部顧問を50年余り続ける。

今までに、三屋裕子や大林素子ら

多くのバレーボール選手を育成した。

しかし、崇祠監督は、

ひどいスパルタ指導で定評があり、

そのスパルタ指導に反対する声もある。

普段はバレー部合宿所に寝泊まりし、

帰宅するのは月に1回ほどだそうです。

まさに、昔のカミナリ親父ですね。

ちなみに、菊間崇祠の奥さんは、

八王子実践高校のマネージャー。

スポンサーリンク

そんな父親の崇祠は、門限に遅刻した彼氏を

土下座させて、蹴ったそうだ。

これは、菊間が大学生時代の話である。

20161005-03

門限に異常に執着していた父親は、

門限の22時前には、家の外で待ち、

夏場には、パンツ姿で待つこともあった。

門限に遅れて帰宅した菊間は、

母親が「大変だったのよ」告げられる。

そう、父親の崇祠が逮捕されたのだ!

スポンサーリンク

いつものように、パンツ姿で門限前に

菊間の帰りを外で待っていたところ、

パンツ姿でウロウロしている菊間崇祠を

不審に思い警察が連行してしまったそうだ。

そんな騒動があり、門限を遅刻した日は、

何もなかったが、

父親の菊間崇祠は忘れはしなかった。

しっかりと後日、彼氏を呼び出して

土下座させて、けった。

菊間も「私も彼氏をかばって、

けられたんです」と話した。

菊間千乃は、現在は弁護士であり、

弁護士法人松尾綜合法律事務所に

所属している。

菊間崇祠は、82歳の高齢であるので、

バレーボールの最前線から身を引いているが、

契約職員として名前は残っており、

【道は開ける―現代っ子を「やる気」にさせる法】

の著者でもある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする