ドローン操縦士による測量

9月11日のがっちりマンデー

『2016年に急増!
儲かる「今までになかった仕事」』

ドローン操縦士による、

測量の仕事が紹介された。

ドローンを使えば、

数日掛かっていた測量が、

10分程度で測量が可能らしい。

京都府福知山市にて、

マルチコプタージャパン株式会社

大城智広社長が

公園の周りをドローンを飛ばして、

測量の仕事をしておりました。

測量って言うのは、

街中で現場のおっさんが、

黄色の棒とカメラを使って

何やら測定しているお仕事。

道路工事などを行う前に、

必ずやっている正確な位置を測る

欠かせない作業です。

が、非常に時間が掛かる。

スポンサーリンク

ドローンを使った測量の仕方

ドローンを使った測量は、

カメラを搭載したドローンを飛ばし、

上空から写真を撮る。

ちょっと進んでは止まって撮影。

またちょっと進んでは撮影。

を繰り返し、細かく撮影。

一定の間隔で正確にずらしながらの

写真を撮る間隔は、

およそ縦幅が90%、横幅が60~70%程

かぶせて写真を撮り続ける。

その写真を専用のソフトで読み込み、

写真のズレなどが補正され、

3次元の計測結果が表示される。

ドローンを操縦しながら、

写真を少しづつずらしながら撮るのが

ドローン操縦士の技術だそうです。

スポンサーリンク

仕事は3ヶ月先まで予約でいっぱい。

首相官邸にドローンが墜落した事件!

この事件により、誰も知らなかった

ドローンって言葉がニュースで扱われ、

一躍ドローンが有名になりました。

また、ニュースの中でも、

ドローンの使い道の一つとして

ドローン測量が紹介された事が、

火付け役になり、

事件前は月3~5件が、

今では月30件の仕事依頼。

仕事は3ヶ月先まで予約でいっぱい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする