初期のがん、手術・治療しないで経過を見る。甲状腺がん

日米の有名な研究者たちが、

『初期のがんは直に手術しないで、経過を見る』

との議論で討論している。

現在では、ごく小さながんも積極的に

手術で除去している状況である。

この古い考えを見直し、

「患者の経過を見ながら判断する」

この方法が、

効果的ではないかと考えている。

えっ!

がんは早期発見、早期治療で

助かる病気なのでは?

経過見たら、手遅れになるのでは?

スポンサーリンク

「活発な監視療法」と言う治療がある。

これは、ごく小さな甲状腺がんが

成長したり転移したりしない場合、

患者を検査・診察しながら

見守るという治療方法だ。

がん除去手術に変わる

新しい治療方法である。

転移しないのなら、

手術しないほうがいいですね。

お金も掛かるし、

失敗の可能性もあるので。。。

今までは、

全てのがんが悪者と考えて、

出来るだけ早くに除去するものと考えてきた。

そう、ゴキブリの様な悪者の様に。

そして、

医療が進歩して早い段階で

がんを見つけることが出来るようになった。

医療進歩により、

甲状腺がんと診断される人の数が

米国で「非常に増えている」状況である。

ここで疑問があったのです。

「20年前なら見つけられなかっただろう甲状腺がんが見つかっている」

大半の甲状腺がんは症状がなく、

医療技術の進歩があって

始めて見つかっている。

そうですね、

医療技術の進歩により、

ごく小さながんを見つけられて、

除去して助かったと思っています。

スポンサーリンク

そして、がんと診断されれば、

手術には正当な理由がないのに、

除去手術を行う。

甲状腺を切除すると

疲労や体重増加といった

副作用が出ることもあるのに。

想像ですが、

成長しないがんがあるのですか?

成長しないのであれば、

手術をしなくて安心しますね。

お金も掛からないし。

進歩した医療のおかげで、

見つけなくて良い物を

見つけてしまうのでしょうか?

もし、医療技術の進歩がなく、

がんが見つかっていなければ、

発症しないまま人生を終える人は、

どのくらいいるのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする