貧打巨人。最悪の2015打撃陣。その原因は何か?

2015年。貧打に泣いた巨人。

2年連続して 『3割打者 ゼロ』

チーム本塁打は 『100本以下』

球団史上最悪の結果である。

2015年の打撃成績を見ると、

チーム打率は、 .243 (リーグ最下位)
チーム得点は、 489点 (リーグ4位)
チーム本塁打、  98本 (リーグ4位)

セリーグ2位をキープしたが、

打撃成績だけ見れば、Bクラスである。

すばらしい投手力があってのAクラス。

防御率は、 2.78 (リーグ1位)
失点数は、 443 (リーグ1位)

スポンサーリンク

最悪だった打撃陣、

規定打席に入ったのは2人だけ。

坂本勇人 479打数129安打 打率.269。
長野久義 434打数109安打 打率.251。

チーム最高打率が、

坂本の2割6分9厘

3割までほど遠い。

強打の巨人が、非常に寂しすぎる。

本塁打も、98本と100本に達していない。

過去には、

年間200本以上も打っている時がある。

今年は、球場では盛り上がらず、

本当に寂しい応援だったのでしょう。

その本塁打、

阿部慎之助と、長野久義の

15本がチーム最高。

リーグトップのヤクルト山田哲人の

38本の半分にも達していない

スポンサーリンク

過去には、

長嶋茂雄、王貞治や

松井秀喜、清原和博 等

球界を代表する打者がいたが、

今では、その面影がまったくない。

まったく恐れられない打撃陣

であろう。

巨人の選手は、

高額年棒に複数年契約、

エリート集団で

実績のある選手で扱いにくい。

選手層が厚く、

代わりの選手が幾らでもいる。

調子が悪けりゃ、代わりを出す。

その調子が悪い選手は、

調子を取り戻せないまま。

試合に出れないから、

調子を取り戻す方法がわからない。

スランプがスランプを生む。

その様な状態が数年続けば、

今の巨人のようになるのではないでしょうか?

選手層の厚みが最大の弱点

と考えられる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする