ドラフト目玉の熊原健人。楽天入りか?その野球人生とは?

2015ドラフトの注目選手である熊原健人投手。

高校時代は、無名の2番手投手
しかし、今は、

複数球団が一位指名を予定する超目玉選手

無名選手からプロ注目するまで
頑張った熊原健人選手とは、
どのような環境で野球をしたのか?

プロ入りを表明しているが、
どの球団とは明言していない。
いったいどこの球団に行くのか?

熊原3

スポンサーリンク

ニュー熊原の誕生

昨季の夏バテを反省し、
夏のウェートトレで身体改造を行った。

食事面でも気を使い、
朝から牛丼店のメガ盛りや特盛りを食べ、
体力を維持した。

その成果で、体重が7キロ増の86キロとなり、
腕、腰、お尻回りも大きくなり、安定してきた。

しかし、
この夏のウェートトレで左背筋痛を傷めていた。

実は、
「ウェートトレなどで自分を追い込みすぎたから」
とのこと。

よく言われる、オーバーワークですね。

左背筋痛から復帰した熊原は、

ニュー熊原』として9月19日
仙台六大学野球で帰ってきた。

今季初先発にもかかわらず、
プロ8球団のスカウト陣が見る中、
最速149キロを連発し、
完全復活した『ニュー熊原』を見せ付けた。

楽天・長島スカウト部長は
「腕の振りの強さは魅力。(楽天の)則本と同じくらいのポテンシャルを持っている」

と最大の評価をしている。

熊原2

熊原健人の生い立ち

生年月日:1993年10月19日生
出   身:宮城県角田市
身長体重:178cm、 77kg
経   歴:桜ドラゴンズ(角田北郷小)
北角田中
柴田高
仙台大学
守   備:投手(右投右打)
最   速:152キロ
武   器:フォーク、チェンジアップなど

野球は、兄の影響で小学6年から始める。
桜ドラゴンズと言うチームで投手ではなかったようです。

高校時代に投手に転向したが、
控えの2番手投手であったようだ。

たまたま高校野球を見に来ていた、
仙台大学の森本監督の誘いにより
仙台大学に進学することとなる。

森本監督が大学野球に誘うほどですので、
熊原の素質を高校時代から見抜いていたのかもしれません。

そして、
森本監督の指導も有り、
大学に入ってから、資質を開花させ、プロ注目の選手となる。

スポンサーリンク

最も衝撃を受けた言葉

昨年の11月、21歳以下のプロ・アマ混成チームで戦う野球のワールドカップに出場した時の話。
チームは残念な準優勝となるがが、当時大学3年生の熊原だけは、ひと際目立っていたそうだ。

野球観が変わったほど、この大会は熊原にとっては大きな大会だったらしい。

まだまだ速くなるボール

「台湾に行く前のチーム合宿で、鹿取義隆コーチから投球フォームの際の左手の使い方を教わりました。そして大会期間中はジャパンのコーチである豊田清さんがつきっきりで指導してくれました。さすが元プロという指導で、教えてもらうことは知らないことばかり。コーチたちの話を聞いて、まだまだボールが速くなりそうな感覚がありました」

と語っている。

衝撃のエレベーターホール

最も衝撃を受けたというのが、エレベーターホールの前。
豊田コーチとの話で、

「熊原、この狭いスペースで、お前なら何をする?」

「えっ……」

「オレならここでトレーニングをする。要は、野球は環境じゃないということなんだ。どこにいてもやれることはいくらでもある。やらないヤツは理由をつけてやらないだけ。プロになれる選手なんて、ほんの一握り。その一握りの選手は、絶対に言い訳をしないし、必ず努力している。やるかやらないか、その違いだけなんだよ」

熊原は、練習に対する意識が変わり、
野球や練習に対して、いろいろと考えるようになったそうだ。

熊原

やはり、プロの選手は凄いですね。
私も、この言葉には賛成です。

場所や道具では無いのです。
その、やる気と工夫なのです。
最近は、この道具が無いから出来ない。あれが無いから出来ないと、出来ない理由を探している選手が多いように思えます。

私の学生時代は、通学中のバスの中では、
つま先立ちし、つり革は指先5本で掴む。
階段はつま先(背伸びしたように)で登る。
そう、握力と、足腰の訓練。
これで、周りより少し高い筋力をいただきました。

プロも注目の言葉

・ヤクルト 「パワー系の投手。ストレートのスピードは魅力が大きい」
・広島 「タイプ的には抑えかな。うちにはあまりいないタイプ。落ちるボールを見てみたかった」
・楽天 「十分プロで通用するボール。間違いなく今年の(1位)12人に入ってくる逸材です」
・阪神 「小気味いい投球をする。トップクラス。中継ぎなら1、2イニングいける」と称賛した。
・巨人 「力のある直球と縦のスライダーなどの変化球もいいし、そう簡単には打たれない。先発、中継ぎ、抑え、全てができる投手だと思う」
・ヤクルト 「躍動感がある。要所で三振が取れるし、問題なく1位候補」
・DeNA 「1位候補です。まっすぐがいい」
・阪神 「1位で消える投手でしょう」
・中日 「きょうは力で押そうという感じが見えたが、真っすぐでも変化球でもいい。1位候補」
・西武 「他の大学生の上位候補が春に調子が出ていない中で、順調で確実な上位候補。体が相当強い」
・ロッテ 「(楽天の)則本タイプになると思う」
・日本ハム 「勢いがあるし、低めに変化球がいっている。1位候補」
・楽天 「何より打者に対して攻め込む姿がいい」
・ソフトバンク 「(身長1メートル78で)それほど角度はないように見えるが、真っすぐに力がある。プロで十分やれる投手」

スポンサーリンク

今後のプロ入り予想

ソフトバンクなど数球団が

一位指名するのではないかと注目されています。

しかし、最有力候補が、

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天も1位指名の準備をしていて、

相思相愛の予感がプンプンする。

地元が仙台とも言うことが、

非常に大きい理由と思われる。

しかし、

楽天は監督騒動でバタバタしている。

安定したところで野球をやりたい!

と考えてるのなら、

ソフトバンクに入団する可能性がありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする