ダイソーの筆箱「カンペンケース」回収。鋭利な縁で指先を切る恐れ

ダイソーの筆箱である「カンペンケース」で

指を切る事例が発生し、国民生活センターより報道発表された。

問題となった商品は、

「CRISPバナナandチェリー」と「CRISPレモンandオレンジ」

7月に消費者より国民生活センターに、

「筆箱を開けようとしたところ、蓋ふたの縁部に触れた左手親指先端にけがをした。商品に鋭利なところがないか調べてほしい。」

との調査依頼があった。

調べた結果、

ダイソーのカンペンケースの蓋の内側の縁(けがをした箇所周辺)

が鋭利であることがわかり、消費生活用製品安全法の重大製品事故として

消費者庁のウェブサイトに掲載された。

スポンサーリンク

どのように指を切る恐れがあるのか?

この商品は、金属製の筆箱であり、

下記写真のように、蓋の一部分に透明な窓が取り付けられいます。

この蓋の部分を抑え込むと、

本体の金属部分と隙間ができ、この隙間に指などを挟むと、

金属部分が鋭利な状態となっており、指を切った様であります。


                 国民生活センターより

このカンペンケース、

対象個数 約8万個

販売時期 2018年2月~8月

販売価格 108円(税込)

スポンサーリンク

問い合わせ先

販売元
株式会社大創産業(法人番号7240001022681)お客様相談室
フリーダイヤル:0120-152-206
受付時間:日曜祝日を除く 午前9時より午後6時まで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする