Amazon「デリバリープロバイダ」☆荷物が指定日に届かない

Amazonで注文した商品が

「指定日に届かない」

「再配達の連絡がとれない」

との苦情が多発しているようです。

「当日お急ぎ便」で注文した商品も同様のようです。

これは、6月末ごろから多発しており、

ヤマト運輸がAmazonの当日配送サービスから撤退!

が影響だと考えられている。

ヤマトのAmazon撤退が影響

いままでは、指定時間配達や当日お急ぎ便は

ほとんどがヤマト運輸にて配達されましたが、

その配達個数は膨大であったようでした。

そのため、ドライバーへの負担が大きくなり、

休憩が取れない。食事がとれない。などの

労働時間の問題へと発展しています。

現在、その膨大な指定時間配達を

デリバリープロバイダと言う業者が

配達しているらしい。

スポンサーリンク

デリバリープロバイダとは

そもそも、デリバリープロバイダとは、

Amazonのサイトでは、

【Amazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の総称】

と、記載されており、

 TMG

 SBS即配サポート

 札幌通運

 ファイズ

 丸和運輸機関

の5社がデリバリープロバイダとして名前が挙げられている。

スポンサーリンク

不在票が入っていない

「商品が指定時間に届かない」

配達で忙しいから時間通りに届けられないのだろう?

と考えられるが、

実際には違うらしい。

1日在宅しているがチャイムが鳴っていない。

不在票も投函されていない。

しかし、ネットで配送状況を確認すると、

「不在のため持ち帰りました」 となっている。

再配達の連絡をしようにも、不在票がないので、

どこに電話すればよいかわからない。

スポンサーリンク

考えられる原因

考えられる原因は、

デリバリープロバイダの怠慢なのか?

ヤマトが撤退した膨大な数の「当日お急ぎ便」。

現在は、デリバリープロバイダに流れ、

急激に配達個数が増えたのは想像できる。

そのため、配達しきれずに、

「不在」(不在にしとけ!)

と情報入力しているのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする