最年長出場のカズ。担架で運ばれ負傷交代

キングカズ こと 三浦知良が、

負傷して、担架運ばれた。

10月18日、J2第37節 京都サンガ戦

で先発出場した、三浦知良。

自身の持つ最年長出場記録を

48歳7か月22日に更新した。

かず

先発で最年長出場記録を更新も、

僅か17分後に担架で運ばれるとは。。。

誰も思っていない。

スタンドのほとんどが、

カズの最年長ゴールを見たかったはずだろう!

スポンサーリンク

2試合ぶりの先発出場となった三浦は、

前線からチャンスを作るなど、チームに貢献していたが、

前半17分にロングボールを追ってゴール前で

サンガの金南一と競り合い、

ジャンプした際に右足を負傷。

右太もも裏あたりを手で抑えて、

顔をゆがめながら倒れ込み、

担架でフィールドの外へ出された。

6月28日の水戸戦以降、

約4か月もゴールネットを揺らしていない。

先発した今日には、

最年長ゴールが期待されていたが。。。

負傷のため、21分に交代を命じられた。

気になる故障の状況は、

前半終盤にはベンチ戻って座っていたので、

大事には至らなかったようだが。。。

スポンサーリンク

 

しかし、年齢的に心配である。

50歳手前となると、

痛みや腫れがすぐには現れない。

翌日や夜間に腫れや痛みが出て、

その怪我の重大さに気がつく。

よく、年寄りの筋肉痛は、翌日ではなく、

3日後以降に症状が現れるって言うでしょ!

プロ野球の山本昌選手が、

50歳登板を果たし、現役を引退した。

キングカズも、50歳まで頑張れ!

いや、50歳以降も頑張れ!

そして、最年長ゴールを更新しまくれ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする