9月21日 今日は何の日? 室戸台風、日本上陸

昭和9年9月21日は、室戸台風が日本上陸し、

死者2,702人、不明334人、負傷者14,994人を出し、

京阪神地方に甚大な被害をもたらした日です。

室戸台風は皆さんよく知っている名前の台風です。

昭和の3大台風の一つです。

昭和の3大台風とは、
室戸台風(1934年)
枕崎台風(1945年)
伊勢湾台風(1959年)
ですね。

では、室戸台風とは、
どれほど恐ろしい規模の台風だったのでしょうか?

スポンサーリンク

1934年(昭和9年)の9月21日

早朝の5時頃、

高知県室戸岬西方に上陸。

上陸時の気圧は想像も出来ない

911.6ヘクトパスカルという低い数値を観測。

これは、想像も出来ない低い気圧です。

よくニュースで、「猛烈な台風です」って伝えてますが、
日本に上陸するときは、
980ヘクトパスカルまで気圧が上がっています。
気圧が上がれば、
勢力が弱まっているとのことです。

911ヘクトって言うと、
南太平洋上で勢力が一番強いときの状態ですね。

9-17-02

その911ヘクトパスカルは、

日本の台風観測史上記録的な数値でもあるそうです。

室戸台風は上陸時の気圧が最も低かった台風です

それに、暴風です。計測器も壊れるほど風が強かったらしいです。

室戸岬測候所では最大瞬間風速60m/sを観測したが、計測器が故障し、
それ以上の風速を計れていない。

おそらく、60m/s以上の風速だったのでしょう。

スポンサーリンク

台風は淡路島付近を通過し、
午前8時頃に阪神間に近づき、京都付近を経て若狭湾に抜けていく。

大阪港では、

満潮時間を過ぎたばかりで、
潮位が高かったことから、
高潮が発生。
30分で200cmを超える海水が流入し、
大阪城付近まで達したとも言われている。
大阪湾一帯で溺死した者は1,900名以上

9-21

京都でも被害が大きかった。

両洋中学では倒壊した校舎内で
薬品が自然発火し、
生き埋めになっていた生徒20名が焼死。

西陣小学校・下鳥羽校・向島校で
倒壊した校舎で多数の死亡者が出た。

京都府女子師範学校付属中学・
京都第二中学・平安中学・紫野中学などで
校舎が被災している。

滋賀県でも、堅田の浮御堂が全壊し、
東海道線の瀬田川橋梁上では
急行車両が強風により脱線・転覆し、11名が死亡。

最終的な被害は、
死者2,702人
不明334人
負傷者14,994人
家屋の全半壊および一部損壊 92,740棟
床上・床下浸水401,157棟
船舶の沈没・流失・破損27,594隻

となっている。

数字を見れば、どれ程凄い台風かわかりますね。
さすが、昭和の3大台風と伝説に残っている台風ですね。

本当に想像が出来ない数字です。

これ以上にも、数字に出来ていない部分が

沢山あると思います。

現代では、それ程大きな台風は有りませんが、

いつ上陸するかはわかりません。

台風が近づいてから準備するのではなく、

日ごろから防災関連の準備はしておく必要が有りますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする