2100年の天気 未来の天気は40度越え、台風は猛烈に

2100年 夏の天気予報

東京44℃、名古屋44℃、大阪43℃

30度以上の真夏日が、那覇で184日間、大阪で136日間

台風は895hPa 最大風速65m 最大瞬間風速90mで上陸

そして、沖縄が「避暑地」ともなる

1時間に100mmを超える局地的な大雨が各地で起こっている

一方、まったく雨が降らず農作物に被害が出ております。

スポンサーリンク

これは、環境省が作成した「2100年 未来の天気予報」

温暖化が進行している現在において、

その対策をしなかった場合の予測をである。

また、実際の気象予報士による動画も提供されている。


沖縄が避暑地に?

2100年の沖縄の気温は、

 東京よりも5度も低く 

 札幌よりも涼しく なる。

気象予報士の森田正光氏は、

「非常に簡単な理由で、沖縄は海に囲まれているからです。水は空気よりも温度が上がりにくいので、将来、温暖化が進んだとしても海水温が急激に上がることは考えにくい。だから、沖縄や小笠原は、本州ほど温度が上がらないのです。実は現在でも、沖縄の天気予報を見ると、夏の最高気温は東京よりも低いことが多いのです」

と話す。

沖縄は、1年の半分以上が30度以上の真夏日となるが、

最高気温がそれ程上がらないことになる。

スポンサーリンク

何故、そこまで気温が上昇するのか?

都心部の気温上昇は、ヒートアイランドが影響している。

ひと昔前には、ほとんど使われていなかったエアコン。

現代では、99%以上エアコンが普及し、

室外機から熱風が放出されっぱなしである。

また、車の急増による排ガス問題、

ほどんどの道路がアスファルト化となり、その照り返しなど・・・

1901年と2014年では、100年間で

東京の平均気温は3度以上上昇している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする