片岡安祐美は魔性の女。便利な男友達200人で恋愛感情なし

日本テレビの番組「有吉ゼミ」に、

茨城ゴールデンゴールズの

片岡安祐美がとんでもない素顔を見せた。

片岡

この話を聞くまでは、

『スポーツウーマンでさわやかなイメージ』

であり、女性としてすばらしいと思っていたが、

この番組を観て、人物像が変わってしまった。

本当に、“魔性の女”とはこの事か

スポンサーリンク

現在彼氏が1年ほどいないとしながら、

交際が出来ない原因が、

「男友達が200人いる」

と言い放った。

110人がプライベートで、

90人が野球関係の男友達。

電球係、配線係、ピザ係、映画係など

必要なときだけ呼ぶ男友達だ。

簡単に男へボディタッチやハグをする 。

スポンサーリンク

電球係?

でも、自分を頼って自分1人だけが呼ばれた。

『ちょっと気があるのかなぁ?』

と少し勘違いする。

そしてボディタッチ!

『やっぱり、俺に好意がある!』

こんな思わせぶりな行動をとられたら、

絶対に勘違いします。

片岡は、こんなことも言っているようです。

「みんな私のことを好きだと思う。
でも気になる人はいないかなあ」

だって。

みんなが自分のことを好き?

気になる男性はいない?

ふざけるな!

そう、

恋愛感情はまったくないそうです。

ボディータッチもみんなにやっているので。。。

サラッとしています。

ゲストの坂上忍が皆さんの代弁をしてくれました。

「意外なところからクソ女が出てきた」

本当に、クソ女に思えてきました。

男性ばかりいる野球人生で

チヤホヤされ過ぎたのでしょう。

もう、治らないでしょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする