東北地方が「やませ」で冷夏。「やませ」って何?

東北地方では、

「やませ」

と呼ばれる冷たく湿った風の影響で、

8月上旬の平均気温は

太平洋側で平年で1.4度も低い

涼しい夏となっている。

スポンサーリンク

では、「やませ」って何でしょう?

「やませ」は漢字で、【 山 背 】と書く。

しかし通常の「やませ」というのは、

山を越えて吹く、フェーン現象の性質をもつ風を

意味するのだが、

東北地方での「やませ」は、

太平洋側に6月~8月に吹く冷たく湿った

海から吹く東寄りの風のことを意味する。

この東寄りの風は、

寒流の親潮上空を通ってくるので、

通常の風よりも冷たい風となり、

気温が上がらず、農産物へ大きな影響を与える。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする