大阪桐蔭vs偕星学園 奇襲失敗でゲームセット(秋大)

各地で春の甲子園センバツ出場をかけ、

高校野球秋季大会が行われている。

大阪大会では4回戦が行われ、

大阪桐蔭 VS 大阪偕星学園の

甲子園出場行動同士の好カードが

舞洲ベースボールスタジアムで行わた。

大阪偕星が1点を追う最終回、

2死三塁の同点の場面で奇襲を掛けた!

が、

残念ながら失敗に終わってしまい、

センバツ甲子園の出場の夢が途絶えた。

その奇襲とは一体どんな奇襲だったのか?

20161002-01

大阪偕星学園の2015年夏大会は、

強豪校の大阪桐蔭、大体大浪商

僅差で撃破し甲子園初出場を果たした。

しかし、今年の秋大会は大阪桐蔭に

僅差で敗れてしまった。

選手がびびらずに平常心でいれば。。。

試合の展開も変わっていたのでは・・・

その奇襲とは、

【ホームスチール】

であった。

スポンサーリンク

ホームスチールのサインを出した状況は、

1-3で2点を追いかける大阪偕星学園が9回に2死二塁から右中間適時三塁打で1点差に詰め寄り、なおも2死三塁。一打同点の場面だったが、打者はタイミングが合わずに2ストライクと追い込まれた。

ここで山本監督が出したサインは、

【ホームスチール】 であった。

山本監督曰く、

・三塁手がベースから離れていた

・ランナーはリードがしっかり取れる

・投手はクイック投球する状況でない

・右投手でランナーが走るのが目に入る

・慌ててコントロールミスが狙える

・ストライクなら強打する

・そういった練習も積み重ねた

成功する自信はあったはず。

だが。。。

大阪桐蔭バッテリーは動揺することなく、

内角低めのボール球投げ込み、

滑り込んできた三塁走者はタッチアウト。

ゲームセットとなった。

山本監督は、

「ちょっと三塁走者がびびっちゃってスタートが遅れた。そこまでつきつめてやれなかった私の責任」

「選手はよく頑張った。きょうは監督の責任です。勝てていた試合でした」

と悔しさを隠せなかった。

スポンサーリンク

一方の勝利した大阪桐蔭は、

筋金入り大物1年の根尾昂(あきら)が、

代打で本塁打を放ち、勝利打点を叩いた。

20161002-02%e3%83%8d%e3%82%aa

この根尾昂の、中学時代は、

野球とスキーの二足のわらじを履き、

野球では投手として最速146キロを記録。

スキーでは、男子回転で日本一にもなり、

国際試合に出場していた。

そして、勉学の成績も優秀で、

通知簿は常にオール5で、

中学時代は生徒会長であった。

夏に行われた早実との練習試合では、

サヨナラ2ランを放って周囲を驚かせ、

これからは、底知れぬ潜在能力で

活躍するだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする