簡単に始められリバウンドしない低GIダイエットとは?

一時期、激太りをしていたレディー・ガガ。
最新CMではスリムな美人になって帰ってきた。

とある方法で13kgものダイエットに成功したという。

ジョギング等の運動でもなく、
食事制限のダイエットでなく、
『低GIダイエット』で痩せたそうです。

初めて耳にする『低GIダイエット』。
「30才過ぎて痩せなくなった」と感じている方にも、
目に見えて効果の出ると言われています。

その『低GIダイエット』ってどんなダイエット?

スポンサーリンク

『低GIダイエット』とは、

血糖の上がり方や速度を数値化した「GI値」が低い食物、
『低GI食品』を選んで食べるダイエットのことです。

つまり、ダイエットの大敵である
血糖値・インスリンの上昇を抑えるダイエット方法です。

何故、血糖値が急上昇すると駄目なのでしょうか?

それは、太るメカニズムに有りました。

太るメカニズム
ご飯等の糖質を食べる
↓ ↓ ↓
血糖値が上昇
↓ ↓ ↓
インスリンが分泌され、筋肉などの組織に血糖を取り込ませて
血糖値を下げようとする
↓ ↓ ↓
取り込まれた余剰血糖は、
細胞の中で脂肪に変わり蓄積される

肥満予防や改善には、
血糖値が急激に上昇しない食べ方がベストである。

そのベストな方法が、低GI食品を選んで食べることなのです。

スポンサーリンク

低GIダイエットは、ストレスフリーなので
他のダイエットに比べてリバウンド率が半分以下だ
という調査結果があります。

では、低GI食品を選んで食べる
低GIダイエットの始め方は、どうするのでしょうか?

簡単です。

『えん麦のちから』を使えば、
簡単に低GIダイエットを始められます。

えん麦のちからは、低GI食品に分類され、
お腹の中8倍にも膨張するので満腹感が得られ、
食物繊維が玄米の8倍で、便通を改善し腸をキレイにする。

では、低GI食品って
どの様な食品があるのでしょうか?

具体的に
高GI食品は、ご飯、パン、チョコレート
中GI食品は、うどん、クッキー、アイス
低GI食品は、大豆、海藻、ヨーグルト、えん麦

えん麦のちからは粉末タイプですので、
牛乳やほうじ茶、スープ、味噌汁等に混ぜても、
食事に利用しても使えます。
色々アレンジが可能です。

えん麦のちからの栄養機能が血糖値の上昇を抑え中性脂肪を分解してくれる事は米国食品医薬品局でも科学的に証明されていて、その優れた機能性から最高ランクのA評価ランク付けされています。

食物繊維が玄米の8倍もあり、便通を改善し腸をキレイにするのでブヨブヨお肉を改善してくれます。

β-グルカンという成分が豊富でお腹の中で、8倍にも膨張するので圧倒的な満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぎます。

脂肪の吸収を抑え、
空腹のストレスを感じることもない。
まさに理想のダイエット食品です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする