モビリオ ハブベアリングDIY交換断念

車のハブベアリングのDIY交換を断念しました。

数ヶ月前から、車を走らせると
『ゴッー』と音が鳴っていました。

最近では、40km以上になると音が発生し、
50kmで最大、60kmで少し静かになります。

音の大きさは、ラジオが聞こえなくなるほど。
若干、アクセルやハンドルに軽い振動があります。

音の原因をネット調べると、

ハブベアリングが怪しいとのことで、
交換、修理を検討していました。

修理工場で修理するには、およそ7万円。

自分で修理(DIY)では
圧力を掛ける専用工具が必要でNG。

もう12万キロも走行している13年目のモビリオ。
既に、色々な場所でガタが来て、DIY修理をしてきました。
しかし、7万円もの大金を使って修理するべくか?
中古の軽自動車にすべくか?

スポンサーリンク

修理代7万ほど。。。
ネットでは、ベアリング本体は、
高性能品でも1.5万円。
低価格で2千円。


あとは、工賃ですか?

作業時間は、おそらく2時間程度。
てっことは、工賃が1時間2.5万円。

車の修理工賃は高過ぎる!
技術料?特殊工具代?

車の修理を1日4台やったら、
2.5万×2時間×4台で、1日20万円の利益。
1ヶ月20日として400万の利益。
1年で、4,800万円の利益
単純計算ですが、すんげー。

これは、以前から思っていたことですが、
技術代とか、工賃とかの名目で
修理工場は費用をとりすぎるんじゃぁ!

スポンサーリンク

3年ほど前ですが、
ラジエーターから水漏れが起って、
白煙を上げました。

ガソリンスタンドに飛び込んだら、
兄ちゃんが、
『ラジエーターを交換しなければいけない』
『どれくらいするの?』
『大体7万円ぐらいです』
『ラジエーターも安い再利用品を使いますので、
安くなっております』

んっ?7万円。安くなっている?本当かいナ!

これも、ネットで調べました。
ラジエータ単体は、1.5万~3万円ほど。

冷却水が千円ほど。
てっことは、工賃が4万円?
ひぇ~高っ!

この時は、自分で交換しました。
全てネットで交換方法を研究し、
ネットでラジエーター買って、
ホームセンターで冷却水を買って、
掛かった費用は、2万円以下!

まぁ、作業時間は、凄く掛かりました。

・交換方法の研究(数日かかった)
・交換できるか実施確認(8時間くらい)
・部材の購入調べ(数時間)
・実際の交換(5時間ぐらい)

初めての交換でしたので、
バンパーの外し方等がまったく解らず
四苦八苦しました。

もし、もう一度交換するのでしたら、
2時間ほどで作業は完了できます。
簡単で単純なものです。

ハブベアリングの話に戻りますが、

実は、専用工具がネットで売っているそうです。

これです ↓

ドラムから、ハブベアリングを抜き、

また、圧力を掛けて挿入できるらしいです。

3本足の安物があるが、
それは、足が折れたり、
ベアリングが抜けなかったり
と使えないらしいので、
1万円以上のものが良いらしい。

じゃ、DIY修理じゃ!安い!うれしい!直せる!

で、本日試験的に交換できるか、
ボルト等を外し確認しました。

タイヤ外し、ブレーキ外し、後は知らないネジ外し。
全てのネジを外したが、
タイヤのドラム?が取れない。

ボルトのナットは外せるが、
ボルトがボルト穴から抜けない。
車の重さがあって抜けない。
その箇所2箇所。

ハンマーで叩く等書いてあるが、
少し叩いてもビクともしない。
ジャッキを2つも用意して色々試すが、ダメ!

もし、抜けて、
組み立てるとき、車の重さで
ボルトがボルト穴に入らないかも?

不安がよぎった。

そして断念した。

どのようにして修理するべくか?

考え中。考え中。

答えは見えない。

もう少し、様子を見よう!

車の雑音で、

明日からも憂鬱な日々が続く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする