女子ゴルフ 長野未祈(みのり)って誰?

日本女子ゴルフのヒロイン登場か?

女子ゴルフ・日本女子オープンで

高校1年生で15歳のアマチュア選手

長野未祈(みのり、千葉・麗沢高1年)が

首位と1打差の2位で発進した。

長野未祈? 初めて耳にした名前。

長野未祈 って誰?

スポンサーリンク

長野未祈のプロフィール

20160930-01

氏名 長野 未祈(みのり)
生年月日 2000/12/29
身長 163cm
血液型 AB型
出身地 江戸川区北小岩
学校 上小岩第二小学校

麗澤中学・高等学校

ゴルフを始めた年齢 8歳
ゴルフを始めた動機 父の勧め
ドライバー平均飛距離 240ヤード
ベストスコア 64
所属 長太郎カントリークラブ

珍しい名前の「未祈(みのり)」の由来は、

「未来を祈る」という願いが込められている。

スポンサーリンク

ゴルフを始めたきっかけ

ゴルフを始めたきっかけは、

8歳のとき両親とゴルフ練習場へ行き、

初めてボールを打ってみたら

「すごく面白い」 と感じ、

中嶋常幸が主宰する

ヒルズゴルフトミーアカデミーに通い、

技術から体力作りなどの基礎を学んだ。

父親の勝さんは、

「始めは将来一緒にゴルフができたらな」

と一緒にゴルフをするのが楽しみだったが、

今では、日本を代表する選手となり、

うれしい半分、少し寂しい部分もあるのでは?

小学校では剣道を習っていたが5年生の時、

世代別の全日本大会出場を機会に、

ゴルフ一筋の世界に飛び込んだ。

2013年には渡米し、

「キャロウェイ世界選手権」(11~12歳の部)

では、3位となっている。

中学進学の長野未祈は、ゴルフの名門校、

麗澤中学・高等学校(千葉県柏市)を選択。

毎日がゴルフ漬けである。

下の写真は、中学2年のとき

関東中学校ゴルフ選手権春季大会で、

69ストロークで優勝したときのもの。

20160930-02

高校1年の現在は、自宅で特訓している。

午前5時過ぎに起床し6時20分まで走り込み。

月ごとに100メートルの坂道ダッシュ20本か、

マラソン6キロのどちらかを敢行。

その後パット練習に30分間。

朝のトレーニング後に学校に行く毎日で、

帰宅後には、250球の打ち込みを実施。

特訓の成果で、

「4日間ゴルフをしても疲れなくなったし、体幹が強くなりスイングで軸がぶれなくなった」

と手ごたえ十分のようだ。

将来の目標は、

「プロになってゴルフ殿堂入りすることが目標です」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする