盛田幸妃氏死去 壮絶な脳腫瘍との戦いの経過と野球人生

プロ野球の横浜大洋、近鉄で活躍した

奇跡のリリーバー・盛田幸妃が亡くなった。

45歳という若さで。。。

ご冥福をお祈りします。

死因は現時点で不明であるが、

1998年から脳腫瘍とずっと戦ってき、

複数回の摘出手術も受けている。

近年では、骨への転移もあったようでなので、

おそらく、腫瘍が主原因ではないかと推測する。

スポンサーリンク

脳腫瘍との戦い

近鉄時代の1998年5月末頃から違和感があった。

右足首の違和感や麻痺などがあり、次第に悪化、

8月の検査の結果、

ゴルフボール大の髄膜腫(良性の脳腫瘍)が見つかり、

9月に摘出手術を受ける。

医師からは、

「スポーツ脳に腫瘍があり、普通の生活に戻れても、
野球選手としては諦めなければならないかもしれない」

と通告された。

しかし、懸命のリハビリで克服し、

プロ野球界にも復帰していた。

2002年に引退し、

横浜球団職員、TBSラジオの野球解説者として活躍。

2005年の夏に脳腫瘍が再発。

2006年2月に除去手術を受けて成功するが、

その後も再発を繰り返す。

また腕や腰などの骨への転移があり、

そのため、病的な骨折をするため、

複数回、手術を受けておられました。

また、2014年の春には

大腿骨を骨折するような状況でもあった。

大腿骨を骨折した後は、

盛田さんのブログが止まっております。

相当状態が悪かったのでしょうか?

2013年11月14日
骨軟部腫瘍外科の手術後の盛田さんの写真

盛田2

盛田幸妃の野球選手人生

スポンサーリンク

盛田幸妃の野球選手人生を追っていく。

函館有斗高校出身で、
3度の甲子園出場を経験。

1987年のドラフトでは、
横浜大洋から1位指名を受け、
契約金4800万円、年俸420万円で入団。

中継ぎ投手として活躍しているにも関わらず、
最優秀防御率のタイトルも獲得している。

大魔神の佐々木主浩とともに
「ダブルストッパー」とも呼ばれる。

オールスターゲームの出場経験もある人気投手であった。

1997年に交換トレードで近鉄バファローズに移籍。

1998年に脳腫瘍が見つかり手術を受ける。

懸命のリハビリで、
翌年8月には二軍戦に登板し、
シーズン最終戦では一軍復帰も果した。

2001年に2勝を挙げ、近鉄のリーグ優勝に貢献。

オールスターゲームにも中継ぎ投手部門で
ファン投票1位で選ばれ、カムバック賞を受賞。

2002年9月25日に、
同年シーズン限りでの現役引退

最優秀防御率:1回(1992年)

表彰

月間MVP:1回(1992年8月)
カムバック賞(2001年)

改めて、ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする