豊川悦司が眼鏡の「できるビジネスマン」で「きれいな車」と絶賛

豊川悦司が

スーツを着こなし、

黒縁眼鏡をかけ、

頭髪をビジネスマン風にし、

『できるサラリーマン』

に変身した。

そして、流ちょうなフランス語も話す。

いままでと

イメージがぜんぜん違います。

一体、トヨエツに何があったのでしょうか?

豊川悦司4
『できるサラリーマン』は、

トヨエツが

トヨタ新型「クラウン」の

新広告キャラクターに

起用さた為で、

そのCM撮影用に、

『できるサラリーマン』となったのである。

スポンサーリンク

新CM

新CMでは、

世界を股にかけるビジネスマン役を

演出しするため、

ピンストライプのスーツを着て、

黒縁の眼鏡をかけ、

頭髪をサラリーマン風にセットし、

『できるサラリーマン』に変身したのだ。

豊川悦司2

新CMは2種類あり、


「巴里」編
「誘致」篇

である。

スポンサーリンク

「巴里」編

パリで撮影が行われた。

実際にクラウンを

パリにクラウンを持ち込み、

トヨエツがパリからドイツに

出張へ行くビジネスマンを表現した。

その途中、警察官に

「その車どこで買ったの?」

と訪ねられ、

トヨエツが

流ちょうなフランス語で、

「これ、日本でしか売ってないんですよ」

と説明している。

「誘致」篇

まだ、内容は明らかにされていない。

しかし、トヨエツが、

「ドイツ篇で、そちらの方をごらんいただければどういった仕事をしている(キャラクター)かお分かりいただけるかと思います」

と語っている。

また、違ったトヨエツが観れるのだろう。

新TVCMの

「巴里」篇は10月2日から、

「誘致」篇は16日から、

全国でオンエア。

トヨエツは、

それぞれの雰囲気に合わせ、

12回もの衣装替えを実施しているので、

トヨエツの変化ぶりを見るのも楽しみです。

きれいな車

トヨエツは、新型クラウンをみて、

「初めて見た時、きれいな車だと思った。クラウンは大人の男性のイメージが強いと思いますが、若々しく美しいボディーカラーを見ると、若い方、そして女性の方にもオススメできるクルマだと思います」

と、豊富なカラーバリエーションを

紹介した。

豊川悦司5

豊川悦司6

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする