ヒロミの長男の小園凌央。「パパと呼べない」

4月18日放送のバイキングでは、
俳優の小園凌央(こぞのりょう)が
父親のヒロミの事を「パパと呼べない」と
両親への思いを語った。

20160419-03

小園凌央は、ヒロミと松本伊代の長男で
俳優として頑張っている。

「自分の力を試したかった」と
両親の名を隠して、一般人として
オーデションに合格した経歴の持ち主。

坂上忍がMCをする「バイキング」に出演し、
父親のヒロミに「パパと呼べない」と告白した。

一瞬、父親が違うのか?と思ったが。。。

スポンサーリンク

実は、

「尊敬し過ぎて甘えることができず、“パパ”と呼べない」

「一線を引いて甘えないようにしている」

とのことである。

一時期は落ち目であったが、
子供の頃に目にしていた
超有名だった父親の存在が
脳裏に刻まれているのでしょうか?

MCの坂上忍が生電話を提案し、
小園凌央が父のヒロミに電話する。

「おはようございます。バイキングで忍さんに電話しろと言われて…」

と、ぎこちなく話して

最終的には勇気を出して、

『パパと呼んでいいですか?』

と伝えると、照れながら「パパー!」と一言。

これにヒロミは

『パパでいいじゃない』

と少し嬉しそうな様子だった。

反面、母親とは
【“松本さん”とか“松っつん”って呼び】
「友達のような感覚」
と、松本伊代とは非常に仲が良いみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする