ダイエット成功中(スローステップとインターバルウィーキング) 逆流性食道炎

逆流性食道炎のため、始めたダイエットが成功途中です。

前回の内容は、
逆流性食堂炎になって10年。
左胸が痛く熱く、毎日のようにつらい日々。
ウォーキングを実施すると症状がなくなり、ダイエットに挑戦。
調べた結果、
・スローステップダイエット(1段の上り下り)
・インターバル早ウォーキング(早歩きのインターバル)
がダイエットには良いとの個人的に判断。

その続きです。

スポンサーリンク

スローステップダイエット

スローステップダイエットとは、
階段程度の高さを上ったり降りたりする。段数は1段のみ。
最初の1分は右足で上り、右足で下りる。次の1分は左足で上り、左足で下る。
1分間に60~80往復し10分間続ける。これを1日の間で3回実施する。

結構きついです。10分後には汗がダラダラ流れ落ちます。
足がガクガクします。
私は、時間が取れなくて1日1回か2回、ウォーキングに行けない日(週に2日程度)に実施しました。

 インターバル早ウォーキング

インターバル早ウォーキングは、
通常の速度より速く歩く。速度は、息が上がる程度。
3分早歩きし、3分ゆっくり歩く。およそ1時間繰り返す。

3分も歩いたら時間がもったいないので、私は、3分早歩き、1分ゆっくり歩きで1時間実施。
慣れてきたら、5分早歩き、1分ゆっくりと時間を変えました。
1週間で3日程度実施。

  • 作者: 根本 賢一
  • 出版社/メーカー: こう書房
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本

まとめると、1週間で
スローステップを2日、インターバル早ウォーキング3日、あと2日は休みでした。

その他、行ったことは食事です。
何の苦しみも有りません。制限するではなく、普通に戻すのですから。

こんな食事でした
毎朝、茶碗に3杯は食べるた。
夕食も家族の残したものは全て食べる。
夜TV見ながらチョットつまみでお菓子を食べる。

これを普通に改善しました
毎朝、大盛り茶碗1杯のみ。
夕食の食べ残しは、朝食に回す
夜TV見ながらのチョットつまみは、100円4連の小さなお菓子にする。

でも、酒の量は決して減らしておりません。
食前に食べる酒のつまみも減らしておりません。

効果は、-4キロ減(80キロ→76キロ)。
期間は、およそ2ヶ月。
おなか周りが開始早々効果が出ました。
きつかったベルトに余裕が出て、しゃがむのに苦痛だったのが、普通にしゃがめる様になりました。

よしっ!70キロまで体重をおとずぞ!と。。。

この続きも、今度お話します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする