リオ五輪をかけた2015ワールドカップバレー 順位の決め方? 過去の順位は?

スポンサーリンク

いよいよ始まりました。FIVBワールドカップバレーボール。

リオデジャネイロオリンピックの出場権をかけたワールドカップバレーボール。
上位2チームが2016年リオ五輪の出場権が与えられます。

では、ワールドカップバレーボールとは何か?

4年に1度の世界大会で、
オリンピックや世界選手権と併せて「バレーボール3大大会」として位置付けられる。

1965年に男子の第1回大会がポーランドで開催され、
1977年以降は4年に1度日本で開催されている。
いままで、世界の注目度が薄かったが、1991年からは五輪の前年に開催され、
五輪への出場資格を与える「世界予選大会」となり、注目度が高まった。

大会出場は、世界の男女各12チーム。
出場資格は、開催国の日本、世界選手権の優勝国、各大陸予選の優勝国と準優勝国の12カ国。

試合形式は、12チームによる総当たり戦。
大会の順位は、セットカウントで付与されるポイントにより決定。
「3-0」「3-1」 : 勝者3ポイント、敗者0ポイント
「3-2」 : 勝者2ポイント、敗者1ポイント
総合ポイントが複数チームが出た場合は、「勝利数」「セット率」「得点率」の順で適用される。
それでも値が同じ場合は、最新の試合で勝利したチームの方が上位となる。

過去のベスト3は以下の通り

開催年   1位 - 2位 - 3位
1973年 ソビエト連邦-日本-韓国
1977年 日本-キューバ- 韓国
1981年 中国-日本-ソビエト連邦
1985年 中国-キューバ-ソビエト連邦
1989年 キューバ-ソビエト連邦- 中国
1991年 キューバ-中国-ソビエト連邦
1995年 キューバ-ブラジル-中国
1999年 キューバ-ロシア-ブラジル
2003年 中国-ブラジル-アメリカ合衆国
2007年 イタリア-ブラジル-アメリカ合衆国
2011年 イタリア-アメリカ合衆国-中国

今年のワールドカップ出場国は、
大会開催国 日本(4位)
世界選手権優勝国 アメリカ(1位)
アジア    中国(3位 )、韓国(10位)
アフリカ   ケニア(19位)、アルジェリア(25位)
ヨーロッパ  ロシア(7位)、セルビア(8位)
南米     アルゼンチン(14位)、ペルー(23位)
北中米    ドミニカ共和国(6位)、キューバ(26位)

ワールドカップの上位2チームが2016年リオ五輪の出場権が与えられる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする