逆流性食道炎のため、ダイエット中

逆流性食道炎のため、ダイエット中です。

逆流性食堂炎になって10年ぐらいでした。
食べ過ぎると胸が熱く、喉がヒリヒリするゲップのようなものがあがってきます。
また、パンや脂っこい食事を取ると同様にヒリヒリゲップのような物があがってきます。
上手くゲップが出ればすっきりなのですが、出ないときは非常に熱く、胸を摩っていました。

数年前、健康のためにウォーキングを60分程度開始しました。
最初は歩き始めると、ゲップが出てきて、胸が熱くヒリヒリしていましたが、
数日歩くと、それも治まり、日常の生活でのヒリヒリも激減していました。

そう、逆流性食堂炎は太りすぎで胃の口が開いているからなるので、
運動して、腹の内部が鍛えられれば、治るのだと確信しました。
医学的にはどうか知りませんが、実際に経験したのですから、本当です。

しかし、足の骨を折り1年間程度ウォーキングを中断していました。
結果、以前より増して、胸のヒリヒリが酷く、左胸が痛く熱く、毎日のようにつらい日々を過ごしていました。
熱い食事、熱い飲み物もダメで、これは大きな病気か!と感じる程でした。
この時の体重が80キロ。

再度、ウォーキングを再開しました。
逆流性食堂炎はてきめん!普段の生活では何とも無い状態になりました。
あの傷みは、何処に消えたのか?

よしっ!本格的にダイエットだ!と真剣に取り組むようになり、
ウォーキングが2ヶ月、
その後、軽いジョギングを行っていました。

が、体重が重いためか、年齢的なためか、
膝が腫れて傷みでて、有り曲げられない状態にまでなりました。

色々調べた結果、
・スローステップダイエット(1段の上り下り)
・インターバル早ウォーキング(早歩きのインターバル)
がダイエットには良いとの個人的に判断。

その結果は、今度はお話します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする