おもちゃセドリについて思ったこと

数ヶ月前に、おもちゃセドリを少しやりました。

結論は、自分にはあっていないのであきらめました。

おもちゃは、ヤマダ電機やトイザラス、EDION、

イオン等を回っておりました。
私の知識で仕入れられるのは、1日に数個が限度でした。

何故仕入れが出来なかったか理由は、

スポンサーリンク

知識不足です

1番目は知識不足です。全数サーチするわけにもいかず、
プレミアム商品を覚えていないことで、抜き打ちサーチとなり、
1日に数個しか見つけられませんでした。

FBAが必須

2番目はFBAが必須と思われます。
おもちゃは固体が大きく、自己発送には宅配便が不可欠になります。
宅配便単価は、およそ800円程度。送料部分だけでは赤字。
商品部分で差益を出しますが、競合FBA出品者には勝てず、ずるずると値下げ合戦で負けてしまいます。
でも、FBAに勝てるのは、定型外郵便発送(300円程度)が可能な小型商品なら勝てておりました。

古本のほうが手っ取り早い

3番目は結局古本のほうが手っ取り早い
数週間回って仕入れたおもちゃは10点以下。全て売れても利益は、1万円程度。
古本だったら、500円利益商品を1日20点見つければ、自分が実施したおもちゃセドリと同等。
なら、古本のほうが効率よく仕入れが出来ます。

最終的に、FBAにしなければおもちゃセドリは出来ませんでした。
以下に簡単に計算しました。
例:
【FBA】
仕入部  購入価格:1000円
収入部  販売単価:2000円、送料単価:514円 合計:2514円
支出部  在庫手数料:74円、出荷手数料:98円、発送重量手数料:221円、販売手数料:300円 合計:693円
利益部  収入部-仕入部-支出部:821円

【自己発送】
仕入部  購入価格:1000円
収入部  販売単価:2000円、送料単価:514円 合計:2514円
支出部  発送費用:800円、販売手数料:300円 合計:1100円
利益部  収入部-仕入部-支出部:414円

発送費用が400円程度に抑えられれば、FBAと対抗できるのですが。

皆さん、ご参考までに。

下記商品は私がおもちゃセドリで売ったものです。
購入単価が1000円程度でした。
販売単価が、1700円、1700円、4486円でした。
発送は、定型外で200円ほど。
4486円で売れたときは、定型外に特定記録160円を追加しました。

いまは、値段が下がってしまっておりますが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする