二宮和也 タクシーの釣りを貯金するケチにも理由があった

1月28日 「VS嵐」(フジ系)にゲスト出演した高橋克実が、二宮和也のケチっぷりを明かした。

高橋は、二宮が15歳の頃から連ドラ等で共演していた。

当時の二宮の印象は、『ご飯食べによく連れてってくれっていう…親戚の人みたいなもんですね』との印象であった。

松本潤が、「最近は後輩の子をご飯連れてったりとか(してる)…」と二宮の近状を話すと、

高橋は「マジで!? あのニノが?」

と返答したようだ。

ニノが後輩の為にお金を使うという行動が信じられない。
と思った高橋のこの返答は、口には出していないが、二宮の本当の印象は、『ケチ』だったのでしょう!

そして、高橋と食事をしていた若かりし頃の二宮は、高橋が車代としてタクシーの代金を貰っていたが、タクシーに支払う金額を安くするために、タクシーに乗る距離を短くし、出来る限り歩いて帰り、タクシーのお釣を貯金していたと言う。

スポンサーリンク

実は、二宮のケチにはトラウマがあった。

デビューしてすぐに人気が出たわけでもなく、当時は収入が凄く少なかったようで、食うにも困るような生活をしていたこともあるようです。

本当に若手芸人みたいな状況だったようですね。

そのような苦い経験があるので、

『仕事がなくなったら次の年の税金を払うのがつらいから』

と常にお金がないと不安になるためだそうです。

でも、二宮の家訓は

『ストレスためるならカネ貯めろ』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする