南海キャンディーズのしずちゃん ボクシング引退。芸能界復帰は?

リオ五輪を目指していた、

南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代が

ボクシングを引退することを明らかにした。

「しずちゃん」は現在36歳。

女子ミドル級で活躍していたが、

「体力の限界」とのことで、

ボクシングの引退を決意した。

12月18日に大阪市内で引退会見の予定。

しずちゃん2

36歳でのボクシングは大変きついと思われます。

確か、プロボクサーの場合は、

37歳でライセンスが失効するとのこと。

37歳を超えるとプロでは試合が出来ない。

それほど、体力的や身体的に

きついスポーツなのでしょう!

そしてしずちゃんの写真を見てください。

スポーツ選手の体つきですね。

ボクシングを始める前は、

無駄な肉が付いて少しキモイ感じもありましたが、

今のしずちゃんは、とっても素敵です。

スポンサーリンク

その、しずちゃんの現役引退が明らかになり、

「南海キャンディーズ」の相方である、

山ちゃんこと山里亮太は、ツイッターで

「お疲れ様でした。頑張って南海キャンディーズのネタを作ります。おかえりなさいませ」

とメッセージを送った。

山ちゃんは、本当にしずしゃんを

待ちわびていたのですね。

今まで一人でがんばって、

南海キャンディーズ守って来た感じがします。

また、あの2人のコンビが見れると思うと、

非常にうれしく思います。

しずちゃん

ってか、

しずちゃんは、南海キャンディーズに帰ってくるのでしょうか?

ボクシングをやめたら、帰ってくるって言ってましたっけ?

今後の進展を待ちましょう!

スポンサーリンク

しずちゃんがボクシングを始めたきっかけは、

2008年にテレビドラマ

『乙女のパンチ』

でボクシング選手の役を演じたことだった。

芸能活動を続けながら本格的にボクシングを始め、

2010年3月に「全日本女子アマチュアボクシング選手権」で

“ボクサーデビュー”を果たす。

しかし、

しずちゃんの階級のヘビー級の出場選手が

誰もいなかったので、試合は行わず、

同級の初代王者に認定された。

2012年のロンドンオリンピックを

目指しましたが出場を逃した。

ミドル級に階級を落とし、

2012年2月の

『全日本女子選手権兼ロンドン五輪予選日本代表派遣選手選考会』では、

出場者は3人でだったが優勝をし、

『ロンドン五輪予選兼2012年世界女子ボクシング選手権大会』の

日本代表に選出された。

この大会は、ロンドン五輪の予選も兼ねていたが、

3回戦でレフェリーストップで敗れ、夢は絶たれた。

2012年12月、『全日本女子選手権』では、

不戦勝で戦わずして優勝となる。

国際ボクシング協会の年齢制限が、

「35歳未満」から「40歳」に変更され、

リオ五輪で新しい年齢制限ルールが適用されれば、

山崎にも五輪への道があったのだが。。。

体力の限界では仕方がありません。

スポンサーリンク

南海キャンディーズの復活を願っています。

ボケ役しずちゃんのボケるタイミング

あのタイミングが非常に面白かった。

そして、少し面白そうに微笑むところが、

TVの芸ではなく、

芯から山ちゃんをいじって楽しんいる

そんな感じがして、良かったです。

また、あの2人の芸を見た~い。

しずちゃん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする