簡単に市販品から作れる、紅茶キノコ(コンブチャ)の作り方

美容に! ダイエットに!

ハリウッド女優の間で人気で、

西海岸のセレブたちが

ぞって飲んでいる「コンブチャ」

日本では、『紅茶キノコ』ともいう。

紅茶キノコ
めざましテレビでも紹介されたこともある

「コンブチャ」の作り方について調べてみました。

「コンブチャ」は意外と簡単に作れます。

ここで紹介するのは、

以下の3種類での作り方です。

【A】紅茶キノコ株からのコンブチャの作り方
【B】市販紅茶キノコ液から紅茶キノコ株を作る方法
【C】スターターキットでコンブチャを作る方法

スポンサーリンク

【A】紅茶キノコ株からのコンブチャの作り方

紅茶キノコ株(scoby)があれば、1週間ほどで簡単に作れます。

【必要な材料】

紅茶キノコ株    1株
紅茶キノコ液※ 100ml
ティーバッグ紅茶 2袋
砂糖         80g
浄水         1L
ガラス瓶       1ビン

※ 紅茶キノコ液は無しでもOKです。

【作り方】

(1) ガラス瓶は熱湯消毒してください。
(2) 鍋にティーバッグと砂糖を入れて約2分ほど沸騰させ火を止める。
(3) 紅茶が室温程度になるまで放置し、ガラス瓶に移し変える。
(4) 紅茶キノコ液を入れ混ぜ、続いて紅茶キノコ株を入れる。株は浮いても沈んでも良い。
(5) ガラス瓶の口をガーゼ等で蓋をして輪ゴムで止る。
(6) 約1週間はガラス瓶を揺らさないようにし、直射日光が当たらない温かい室温に置く。
(7) 5日後から味見。まだ甘いままなら、まだ出来ていません。
(8) フルーティーな香りで甘酸っぱくなっれば、茶こしで保存瓶に移し冷蔵庫保存。

【注意事項】

(2)のティーバッグ紅茶には、有機栽培された無香料の紅茶か烏龍茶か緑茶が望ましい。

(4)の紅茶キノコ株を入れるときは、紅茶が熱いと菌が死んでしまうので、必ず冷めてから入れてください。

(6)の発酵に適した室温度は、25°~30°C程度。室温が18°C以下となる時は注意する。

(7)の味見は、雑菌が入らないように清潔なスプーンを使ってください。

長時間発酵させていると味が濃く酸味もきつくなります。

出来上がった紅茶キノコは、次回の紅茶キノコの作成用として100mlほど別の瓶で残して置く。

瓶に残った親株と表面にできた子株は、次回の培養に使えます。

紅茶キノコ にカビが生えていたり、味が変であったりしたら失敗です。全て捨ててください。

【B】市販紅茶キノコ液から紅茶キノコ株を作る方法

【必要な材料】

紅茶キノコ液     500ml
ティーバッグ紅茶    1袋
砂糖            40g
浄水          500mL
ガラス瓶         1ビン

前準備として、紅茶キノコ液 500ml以上を購入してください。

Amazon等で色々な紅茶キノコが売られています。
早ければ、明日からでも作れます。余った分は、明日からでも飲用に使ってください。

【作り方】

(1) ガラス瓶は熱湯消毒してください。
(2) 鍋にティーバッグと砂糖を入れて約2分ほど沸騰させ火を止める。
(3) 紅茶が室温程度になるまで放置し、ガラス瓶に移し変える。
(4) コンブチャ500mlを入れよく混ぜる。
(5) ガラス瓶の口をガーゼ等で蓋をして輪ゴムで止る。
(6) 直射日光が当たらない温かい室温に置く。
(7) 約2~3週間で発酵し、表面に薄い膜ができます。そのまま更に2~3週間放置する
(8) 株が大きく成長したら完成です。
(9) 紅茶キノコ株に、液がかぶるくらい残して他は捨てる。

この発酵した紅茶キノコ液は、酸味がかなりキツくなっているので、飲むには適しません。

(9)の紅茶キノコ株と紅茶液は、次回に紅茶キノコを作る時に使用します。

購入した紅茶キノコが余れば、キノコ株が出来るまで、飲用として使用してください。

スポンサーリンク

【C】スターターキットを使用する

【必要な材料】

スターターキット  1個
きび砂糖   記載分量
ガラス瓶      1ビン

前準備として、スターターキットを購入してください。
Amazonでは、ブラックティー、ジャスミンティー、ストロベリーグリーンティー、ブルーベリーブラックティー、ペアジンジャーブラックティーなどバリエーションがあります。

本キットで500ml~3.8リットルのコンブチャが作れます。

【作り方】

(1) 付属の紅茶を煮出する。
(2) 分量のきび砂糖を入れ冷まします。
(3) 熱湯消毒をした広口のガラス容器に冷ました紅茶液を入れ、そこに菌株を投入します。
(4) 容器の口にガーゼや厚手のキッチンペーパーをかぶせ、輪ゴムでとめて蓋をします。
(5) ガラス瓶の口をガーゼ等で蓋をして輪ゴムで止る。
(6) 直射日光が当たらない温かい室温に置く。
(7) 数日から数週間で発酵がすすみ、菌株が上部に膜を形成します。
(8) 少し味を見て、お好みの酸っぱさになったら出来上がりです。ストレートまたはお好きな飲み物で割ってお楽しみください。

紅茶キノコ株と少しの原液を残し、そこに新しい砂糖入りの紅茶を足せば次の紅茶キノコつくりがスタート出来ます。

詳細は同封の取扱い説明書をご確認ください。

炭酸飲料から栄養補助食品まで

飲みやすく炭酸入りの、「コンブチャワンダードリンク」缶タイプがあります。

一度試してみたい?自分に合っているか解らない?と迷っている方はいかがでしょうか?

※この缶タイプからは、紅茶キノコ株は作れませんのでご注意ください。

意外と簡単に紅茶キノコを作ることが出来ることがわかりましたね。

飲用に、毎回紅茶キノコ液を買っている方!

自分で紅茶キノコ株(scoby)を作っておけば、次回からは費用がほとんど掛かりません。

また、冷蔵庫に入れて置けば、発酵は停止しますので、自分の好みに合った酸味を楽しむことが出来ます。

一度、紅茶キノコ作りをチャレンジして見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする