丸川珠代の生い立ち、2日前に退職、ブログとツイッターは選挙用

第3次安倍改造内閣の

環境大臣に丸川珠代

が内定。

確かテレ朝のアナウンサーでしたね。

アナウンサーから、大臣!

すばらしい。 ですが、

ツイッターやオフィシャルブログ更新がない

選挙前には頻繁に更新がありましたが、

選挙が終われば、殆どない。

寂しい現実。

スポンサーリンク

丸川珠代という人物の経歴

丸川珠代という人物の経歴を追ってみました。

先ずは簡単なプロフィール

本名:大塚 珠代(旧姓:丸川)
生年月日:1971年1月19日
出生地:兵庫県神戸市
出身校:東京大学経済学部卒業
前  職:テレビ朝日社員(アナウンサー)
政  党:自由民主党(町村派)
結  婚:2008年6月
配偶者:大塚拓(衆議院議員)
子  供:2012年6月長男出産
愛  称:丸珠(まるたま)

丸川珠代

丸川珠代は、

1971年(昭和46年)に兵庫県で生まれた。

頭は非常に良かったと思われます。

中学時代から、名門の国立出身

すばらしい経歴です。

その、出身校と現在の偏差値を見る。

神戸大学教育学部附属住吉中学卒業

現在は学校名が変わっており、

神戸大学附属住吉中学校。

国立中学校で偏差値が 65

優秀な学校です。

大阪教育大学教育学部附属高等学校池田校舎卒業

もちろん、国立高校です。

偏差値がすごい! 『 76 』

大阪で2位、全国で8位

非常に優秀な学校です。

東京大学経済学部卒業

東大の凄さは、皆さんご存知の通りです。

1993年の卒業と同時に、

テレビ朝日入社しております。

スポンサーリンク

退職届を出した2日後に退職

1993年にテレビ朝日入社。

2003年から1年間

ニューヨーク支局に赴任。

一般企業でもそうですが、

海外赴任は、実力以外にも、

人望や適正等の審査もあり、

中々実現できるほど簡単ではない。

それをやってのけるとは。。。

やはり、頭の切れが違うのでしょうか?

テレ朝時代に、出演していた番組の一例、

『やじうま6』
早朝の情報番組で、
めざましテレビに対抗する為の番組

『討論番組朝まで生テレビ!』
田原総一朗が出ている、
政治関連を中心とする
討論系深夜長寿番組。

その他、リポーター等の出演も多数あり。

2007年5月15日にテレビ朝日を退職。

5/13に退職願を提出した。

退職日の2日前に届出を提出。

非常識ですね。

テレビ朝日社長は、丸川を批判

「知らぬは我々ばかりだったのかな」
「個人的感想はいっぱいある」
「メディアと政治の距離をどう理解するのかを考えるんだ」

などと。。。

そして、政治の世界へ飛び込み、

同年7月29日に

参議院議員通常選挙に、

自由民主党から出馬し、

4位で初当選。

政治に興味を持った朝生

実は、政治に興味を持ったのは、

『討論番組朝まで生テレビ!』で

番組を制作しているときだったようです。

この番組は、

生放送で、深夜から朝まで

熱く政治を語る番組でした。

時には、ぶつかり合って、

大声を出す場面もあったと思います。

その熱い番組の制作で、

政治の最前線で信念を貫く人々を見たり、

少子高齢化や社会保障改革の先行きに、

本当にこれでいいのか

という疑問が大きくなっていったという。

その興味を持った状態で、

メディア関係者との勉強会に参加した。

安倍晋三(内閣官房副長官時代)との勉強会にて、

北朝鮮による日本人拉致問題やミサイル発射、

不良債権処理や外交問題などを通じて、

安倍晋三への傾倒を深めたのが切っ掛けだそうだ。

スポンサーリンク

政治活動では、

2012年12月 厚生労働大臣政務官就任

2013年10月 厚生労働部会長就任

2014年9月  参議院厚生労働委員会委員長就任

2015年10月 環境大臣就任 の内定

すばらしい。の一言です。

丸川珠代2

寂しい更新状況

HPやブログ、

ツイッターの更新が全くありません。

1年に1つほどの記事。

それでも全体で数える程度の

記事しかありません。

また、

ツイッターとブログの更新がヤラシイ!

選挙前にツイッターが立ち上げられ、

選挙活動中は頻繁に更新。

1日に何度もUPしていたが。。。

選挙終わると、更新がなくなりました。

丸川珠代ツイッター

丸川珠代オフィシャルブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする