ドクター中松 年内余命のがん、がん撲滅10のメソッドを発明し自分治療

ドクター・中松、絶体絶命!

奇想天外の発明で、

世間を楽しませている、

87歳のドクター・中松が

ガンに侵されている。

余命宣告は年内一杯

病気になっても、

発明家の血が騒いでいる。

スポンサーリンク

がん治療法を自分で発明し、

自分が治療すると宣言。

中松は、

「この発明ができなかったら、私は今年末に死ぬんです」

と切羽詰った状況にもかかわらず、

何か楽しんでいる?

そんな感じともとられました。

中松

発明家の中松が癌を見つける

ドクター中松は、

2013年12月に検査入院した。

医師から

「リンパ腺が腫れている」

と指摘されたが、

腸内などを調べても異常なし。

「それでもリンパが腫れるのは何かあるって思った。
それで生検をやってくれと私の方からお願いしたんですよ」

針を使って体の組織を採取し、

生検法をやってみると、

がん細胞が見つかったのです。

ガンの病名は、

「前立腺導管がん」

中松は、ガンであることを信じられなく、

国内の屈指のがん専門医を廻った。

しかし、結果は何処も同じ


「前立腺導管がん」

しかも、

「治療法なし、余命は2年」
(2013年12月頃)

スポンサーリンク

中松の選んだ道

中松は、

「適切な健康管理で

最大144歳まで生きられる」

と論文にしている。

毎日の食事生活を写真に記録し、

栄養管理をしている。

だから、ガンとは、何かの間違い?

国内の屈指の専門医を廻ったが同じ。

「治療法なし、余命は2年」(2013.12頃)

中松は、考え、考え、考えぬいた。

そして、3つの方法が頭に浮かんだ。

1.このまま何もせずに黙って死を待つ

2.がんに効く治療法を試してみる

3.自分で治療法を発明する

しかし、3つを浮かべるも、

瞬時に中松は、これを選んだ!

『自分で治療法を発明する』

さすが、中松だ!

さすが、発明王、

さすが、ドクター・中松だ!

「がん撲滅10のメソッド」

『自分で治療法を発明する』を選び、

考案したのが、

「がん撲滅10のメソッド」

10のメゾットとは、
(DNT1)特定保健用CD「がん撲滅の歌」の発明
(DNT2)治療具としての本『打ち破る力』の出版
(DNT3)がん撲滅飲み物「20 TWENTEA」
(DNT4)がん撲滅サプリメント「がんがんドリンク」
(DNT5)がん撲滅の味「がんがん おいしい」
(DNT6)がん撲滅食べ物「がんがんカレー」
(DNT7)がん撲滅の食べ方「1日1食法」
(DNT8)がん撲滅のための体力作り「がんがん筋トレ」
(DNT9)水を使ってがん撲滅「がんがん アクア」
(DNT10)がん撲滅装置システム「がんがん ロボット」

です。

最初に、歌があります。

決して悪ふざけではありません。

真剣に考えておりました。

この歌は、

特殊な周波数の振動と

言葉を練り込んである。

患者が歌うと、

横隔膜と声帯が前頭葉の免疫を

増大する部分を刺激し、

免疫力を高めるという発明。

不治の病を治すための

治療法としての歌です。

さすがに、すばらしい表現です。

効果はわかりませんが、

話を聞くと本当にすばらしい表現です。

その他、

「飲み物」(DNT3)
「サプリメント」(DNT4)
「味」(DNT5)

は、発明できているらしい。

残るは

カレー
筋トレ法
ロボット

ですが、

年末までに、間に合うのでしょうか。

スポンサーリンク

 

絶対に、間に合って欲しい。

中松の発明が本物か?偽者か?

命を張った挑戦で、明らかになるのです。

今までは、胡散臭いおっさん!と思っていたが、

今では、自発明でガンを克服しようと発明する。

発明が、成功し、

ドクター中松!ここにあり!

と高々に雄たけびをして欲しいですね。

追伸。

ドクター赤松の東京五輪のエンブレムも考案している。

下の絵が、中松が考案したエンブレムだ!

中松2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする