追突防止の車間距離は3秒ルール。その意味と理由は

追突防止に、車間距離は『3秒ルール』

車間距離は「メートル」ではなく「秒」で確認

九州大の松永勝也名誉教授が提唱しており、

全国に3秒ルールが広がっている。

そうなんです、
車間距離を開けない車が多すぎます。
本当に危ない!
ブレーキをかけたら、あんた止まれるの?
と降りて聞きたいぐらいです。
それとも、私の運転を信頼してるの?
そのような車間を空けない車が
1日に2~3台は私の後に付きます。

車種により、どんな運転をするのか判りますが。。。

特に、黒い大きな車で女性が運転しているとか。。。
(これって偏見かも?)

3秒ルールって何

スポンサーリンク

その3秒ルールって何か調べてみた。

3秒ルールの『3秒』にはしっかりとした根拠がある。

・運転中に危険に気付くまでに、1.5秒
・ブレーキ踏んで停車するまで、1.3秒

を想定して、

1.5秒 + 1.3秒 = 2.8秒

となり、3秒あれば停車できる。

この『2.8秒』という時間は、

松永名誉教授が机上の空論でなく、

実際の検証実験を元に導かれている。

その実証実験とは、

消防署職員50人を対象に行われた。
運転中に前方で起きた異変に気付き、
アクセルから足を離し、
ブレーキを踏んでブレーキが
利き始めるまでの時間は早くて0.6秒、
ほとんどが1.5秒以内だった。

自動車工学の計算、
時速60キロで一般道を走行する車が
ブレーキの利き始めから停止するまでの
時間は1.3秒

これを基準に作られている。

この3秒ルールを考えたのは、

「目で距離を判断する能力より、
時間を数える力の方が信頼できる」

と考えたからだそうです。

運転中は、距離よりも

時間のほうが正確判断できますね。

メートルでの安全な車間距離

スポンサーリンク

時間でなく、メートルでも

安全な車間距離の目安も有ります。

走行速度から15を引いた数字が目安だと言われています

例えば
・40キロの場合は40-15=25
25メートル以上の車間距離

・60キロの場合は60-15=45
45メートル以上の車間距離

警察や企業でも採用

大分県警と佐賀県警では、

この3秒ルールを採用している。

追突事故率全国ワースト3位:大分県
追突事故率全国ワースト2位:佐賀県

追突事故率が非常に多い都市の苦策である。

大分県では交通事故全体で
追突事故の割合が40%を超えているので、
色々な対策を考えたのでしょう。

また、西日本鉄道(福岡市)でも、
この『3秒ルール』の講習会を実施した結果、
2ヵ月後のバス事故件数が、
前年同月比で約2割減少したとの実績がある。

スポンサーリンク

3秒ルールで安全な運転をお願いします。

警察の見ているところと、見ていないところで、
運転を変えるのはやめてください。

『止まれ』は一旦停止です。
せめて、速度を緩めるとかして下さい。
ノーブレーキで通過は言語道断!

その他の3秒ルール

・地面に落ちた食べ物
地面に落ちた物は、3秒以内に拾えばまだ食べられる。

・バスケットボールにおけるルールの一つ
攻めている側のチームのプレーヤーが、
相手チームの制限区域内に3秒以上、
とどまってしまうと反則

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする