警察の懲戒処分 平成29年は260人で61人の逮捕者

警察の懲戒処分が平成29年の1年間で260人

このうち61人も逮捕されている警察職員がいる。

平成29年中の懲戒処分者数について

が警察庁より発表された。

スポンサーリンク

懲戒処分を受けた警察官や警察職員は去年は260人で

前の年に比べ6人は減り、5年連続で減少しているが...

これって、最強の国家権力を誇る警察官!

隠蔽している事例は数知れなくあるように感じる・・・

のは私だけでしょうか?

4年前の平成25年の処分者数が389人だったので、

昨年は約66%の260人に減少している。

スポンサーリンク

パトカーでの人身死亡事故警察官の殺人事件

警察署内での盗難などが連日報道されています。

やはり260人の懲戒人数は少ないように感じます。

内部情報がほとんど闇の警察組織であるので、

やはり隠蔽しているのか?

それとも、最悪事件が多発しているので、

軽微な事件事故は見逃しているのか?

懲戒処分の過去5年間の推移はこちらです。

↓  ↓  ↓

20180126-01

その処分内容は異性関係が断トツでトップの83人。

異性関係には、「強制わいせつ」や「盗撮」

「セクハラ」などが含まれている。

また、交通違反で免職になった人数も11人と多い。

20180126-02

エリア別にみると

区 分 免職 停職 減給 戒告 合計
警察庁 2 3 5
北海道 1 1 4 6
東北 2 9 11 2 24
警視庁 4 3 13 1 21
関東 9 10 39 3 61
中部 2 12 6 20
近畿 4 12 24 5 45
中国 4 8 2 14
四国 2 2 3 7
九州 8 17 15 17 57
合  計 32 72 122 34 260

巨大都市の愛知県が含まれる中部地区が少ないですね。

何故でしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする