マケプレの手数料値上げの影響!涙・・・

2017年10月にAmazonの手数料が値上げされた。

その結果、

売り上げがどう変わったのか?

手数料がどれだけ跳ね上がったのか?

収入はどれだけ減ったのか?

Amazon手数料値上げ前と後の比較を行ってみた。

スポンサーリンク

先ず、Amazon手数料の値上げは、10月24日に行われた。

値上げの概要は、

販売手数料15%に送料も含まれ、カテゴリー成約料が20円UP。

【値上げ前】
販売手数料:商品価格×15%
カテゴリー成約料:60円

【値上げ後】
販売手数料:(商品価格+送料)×15%
カテゴリー成約料:80円

この値上げ、まぁ 何とななるだろう!と軽視しすぎていた!

12月度の手取りが物凄く少なくなってしまった。

スポンサーリンク

現在、販売価格500円程度の古本を中心に扱い、

月間250冊程度の販売実績である。

Amazon手数料値上げで、手取り額がどのようになったのか!

値上げ前の10月度の売上は、

売上冊数   257冊
商品売上  67,481円
送料    66,154円
A手数料  -30,880円

手取り   102,755円

(月間の実数の為、返金や締め日により少し誤差がある)

値上げ後の12月度の売上は、

売上冊数   278冊
商品売上  94,025円
送料    72,280円
A手数料  -52,313円

手取り   113,992円

(月間の実数の為、返金や締め日により少し誤差がある)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする