宮古島署交通課。外国人にレンタカーを貸すな!

2017/8/30の琉球新報社によると、

宮古島署の交通課の男性署員が、

『中国、韓国客ににレンタカーを貸さないよう』

と要望しているらしい。

その理由は、

警察署内に中国語と韓国語を話す者が十分おらず

『事故処理に手間取る』 ためである。

そのために、

『通訳をパッと現場に向かわせられない言語の方にはレンタカーを貸さないでほしい』

との要望だったらしい。

逆に、話者が多い英語圏の観光客への貸し出しは奨励する。

ような発言もしていたようだ。

本音がポロリと出てしまったのだろうが、

後付けで、

発言はあくまでも「私見」

本当に後味が悪い。

スポンサーリンク

通訳がいないからレンタカーを貸すなって、

警察署の準備不足が原因ではないのですか?

それを、相手側に押し付けて。

国家権力って怖~。

じゃ、

交通事故が起こるから、レンタカーを貸すな!

っていうのもありではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする