兵庫県警の警部補 路上で下半身露出

2017/8/28の神戸新聞NEXTでは、

兵庫県警の警部補が下半身を露出

公然わいせつの現行犯逮捕

と、記事になっていました。

その内容は、

8/28の午前8時半ごろ、

神戸市西区伊川谷町の歩道上で

警戒中の警察官が下半身を露出する男を発見し、

現行犯逮捕した。

逮捕されたのは現役の警察官。

スポンサーリンク

逮捕されたのは、

兵庫県警垂水署で勤務する51歳の警部補

警部補の階級とは、

警察実務のチームリーダーとして現場責任者的な役割である。

具体的には、交番所長や駐在所所長などの、

一般市民と密接な場所の責任者などである。

日本を守る立場の警官であり、

その責任ある階級の人間が、

公然わいせつの現行犯逮捕とは、

非常に情けなく、警察の信用もなくなる。

本当に、警察って表面だけで、

中身が全くないのでしょうか?

スポンサーリンク

この警部補の男、

つい、魔がさして・・・ではなく、

常習犯であったようにも感じる。

それは、8月中旬に

「路上で男が陰部を見せている」

と女性のから届け出があったからだ。

少なくとも、8月中旬の以前から犯行を行っていたと想像できる。

そして、この警官、

垂水署へ出勤途中に陰部を出して捕まっている。

それも、朝の通勤時間帯に。。。

一体、何を考えているのやら?

職場のウップンを晴らしていたのだろうか?

家庭の憂鬱で紛らわしていたのだろうか?

などは、不明であるが、

この男の上司である倉野喜朗監察官室長のコメントは、

「警察官としてあるまじき行為であり、誠に遺憾。事実関係を調査のうえ、厳正に対処する」

いつもの、決まりきったコメントに過ぎない。

本当に反省しているのだろうか?

疑問が残る。

で、厳正に対処するって。。。

その対処内容ってどのような内容なのでしょうか?

是非とも、公表してほしいですね。

スポンサーリンク

警察官の不祥事って本当に多いです。

飲酒運転や痴漢、窃盗などの

警察官の不祥事が非常に多い。

さすがに、強盗や殺人と言った不祥事はあまり聞きませんが。

過去の不祥事の記録

2015年12月15日 静岡県天竜署警備課巡査が当て逃げで捕まる

2015年11月28日 警察官がシートベルト違反切符をねつ造し「内密にして

2015年10月   警察官のパトカーが人を跳ね死亡させる。パトカー事故が多すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする