まんまちゃん 病気? さんまのまんまを欠席 中は誰? 本名は?

関西テレビ「さんまのまんま」の人気キャラクター

『まんまちゃん』が病気で番組を欠席!

番組内で、明石家さんまが「緊急入院」と伝えますが、

いったい何が起こったのでしょうか?

そして、中には誰が入っているのでしょうか?

まんまちゃんは愛称であって、正式な苗字と名前あり、

実は、犬ではないらしい・・

まんま

まんまちゃんの愛称として親しまれてきた犬の着ぐるみ。

実は、犬ではないのです。

そう、  【犬型宇宙怪獣】  なのです。

オレンジ色の体で、耳、手足、鼻の部分がこげ茶色。

真ん中に赤いデベソがある大きなおなかが特徴。

宇宙船が故障して地球に不時着し、さんまのもとで飼われているらしい。

スポンサーリンク

年齢は、30歳!

2007年11月18日の番組内で、「宇宙犬・オス・22歳」と紹介されていました。

まんまは、愛称であって、ちゃんとしたフルネームがあります。

明石家まんま(30歳)

明石さんま と名前が似ていますね。

まんま2

そんな、宇宙怪獣でも病気になりました。

病名は、

『十二指腸潰瘍』

です。

十二指腸潰瘍のため緊急入院したのです。

怪獣が入院?

いえいえ、チョット待った、待った。

怪獣でなく、まんまの中にいる人です。

まんまの中の人が十二指腸潰瘍のため緊急入院したのです。

では、いったい誰なんでしょうか?

スーツアクター、演出家で、

イベントプロダクション「有限会社ステッピン・スタジオ」代表取締役の

岡崎 薫さん

本名 山出輝明
生年月日 1954年1月6日(61歳)
出身 大阪市城東区
血液型 A型

1985年『さんまのまんま』に、着ぐるみ「明石家まんま」として出演。

エンディングでのさんまとの掛け合いが人気を呼び、以降20年以上に亘り共演している。

スポンサーリンク

さんまのまんま『さんまのまんま』以前にも、

大変人気があったコメディー番組 『あっちこっち丁稚』 の

セントバーナード犬の「伝次郎」役としても出演していた。

伝次郎

岡崎 薫さん

病気を治してさんまさんとの面白いトークを楽しみにしています。

オッット!

トークではないで。まんまちゃんはしゃべりません。

しゃべらないのに、面白いのです。

本当に面白いのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする