インターバル速歩を2年やった結果

最近健康番組やダイエット番組で

インターバル速歩をよく目にする。

ウォーキングよりカロリー消費が大きく、

ジョギングと同じような効果があり、

疲労感ゼロで驚きの効果があると言う。

しかし、自分は既にインターバル速歩を

2年以上の続けています。

その成果を書き込みます。

スポンサーリンク

自分なりのインターバル速歩

まず、インターバル速歩とは、

『早歩きを3分 + 普通歩き3分』

を5セット以上繰り返すと言う運動ですが、

自分の場合は、

『早歩き4分 + ゆっくり歩き2分』

を8セットを週3回以上実施しています。

前後に5分のウォーキングを入れて、

およそ1時間コースです。

もともとジョギングや階段登りを

やっていたのですが、

膝や腰が痛くなり走れなくなったので、

インターバル速歩をやるようになりました。

マニュアルの

『早歩きを3分 + 普通歩き3分』では、

やった感が余り得られなかったので、

少しでも負荷を変えるように、

自分なりにアレンジして、

『早歩き4分 + ゆっくり歩き2分』

となりました。

最初は、足の脛や弁慶が

つったように痛かったのですが、

歩く速度の問題があったようです。

鍛えよう!ダイエットしよう!と

歩く速さが早すぎたのです。

速すぎるので、足のいらない部分に力が入り、

筋肉がつっぱた様に痛くなったようです。

3分から4分も速歩を行うと

息が上がる程度なのですが、

最初から息が上がっていましたので、

完全にオーバーワークだったわけですね。

いまでは、11月での4分速歩を実施すると

肌が軽く湿る程度の速さです。

スポンサーリンク

2年間実施した結果

インターバル速歩を2年間実施した結果、

体重が6キロ減しました。

ベルト穴が2つ縮み、腹回りがすっきり

そして、ひどい逆流性食道炎がすっきり

胸が焼け付くようなゲップもなく、

ニガくて苦しいゲップもなくなりました。

また、家庭の血圧計での測定ですが、

140/85であった少し高い血圧が、

120/75の正常値になっています。

気が付けば、

・昨年は風邪をひいていません。

・花粉症が非常に楽になっている。

・体力が付いた気がする。

この3つは、たまたまかもしれませんが、

引き続き、

この冬に風邪をひかないか?

来年の花粉症はどうなのか?

で判断したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする