ニューヨーク 最先端エクササイズは暗闇ボクシング

2016年10月25日放送の

『雨上がりのAさんの話』では、

ニューヨークの最先端エクササイズで

人気爆発中の暗闇ボクシングを紹介。

フィットネス急増の裏事情

近年の健康ブームで、スポーツ施設の中でも

フィットネスクラブだけが増加を続けている。

だが、フィットネスクラブの利益の7割は、

【 空払いの月謝 】

だそうです。

つまり、入会したが行かない客が多い。

これは、月謝は引き落としとなるため、

『しんどいから今日は休もう!』

となり、疎遠となるケースだ。

その他に、こんな理由がある。

 すっぴんを見られるのが恥ずかしい

だらしない体が恥ずかしくなる

単調な器具が飽きる

トレーナーに話しかけづらい

では、どんなフィットネスを選べば、

やる気を持って、続けられるのか?

スポンサーリンク

フィットネスを続けるコツ

フィットネスをやる気を持って続けるコツは、

「エクササイズを楽しく続けたければ
本場NYの真似をしろ!」

とのこと。

エクササイズの事情通Aさんの

道端アンジェリカがオススメするのは

ニューヨークの最先端エクササイズである、

「暗闇で殴って、波に乗れ!」

意味が不明なので、

NON STYLEの石田調査員が

現場へ潜入調査に入った。

あさの6時半の銀座に若い女性が

続々とビルに入っていく、

中を覗くと、衝撃的な映像が目に入る。

暗闇にサンドバックが並んでいる。

そして、暗闇の中、大きな音楽が流れ、

インストラクターの掛け声と同時に

サンドバックを一心不乱に叩く女性。

これが、海外セレブがはまっている、

『最先端格闘フィットネス 暗闇ボクシング』

スポンサーリンク

最先端格闘フィットネス 暗闇ボクシング

隣が見えないくらいに暗いので、

人目を気にせずに

思いっきりサンドバックを叩け、

化粧崩れが気にならなく、

体形を気にせずに体を動かせる

という理由で女性に人気がある。

石田調査員が体験した所、

サンドバックを叩き続けるので、

汗だくになり、息が上がって

非常につらそうでした。

インストラクターは、

『しんどくて心が折れやすい有酸素運動を
乗り切るには、暗闇と音楽で集中力を
高めるのが有効』

と言う。

オープンして4ヶ月だが、

予約が殺到するほど人気が爆発。

この暗闇ボクシングを日本に輸入をしたのが、

2人姉妹の、塚田美さんと塚田眞さんである。

2人は、今年の2月にNYに旅行したときに

暗闇ボクシングを体験し、

日本でも流行ると確信し、日本で会社を起こし、

今年の6月に銀座にオープンした。

スポンサーリンク

b-monster

その暗闇ボクシングは、

「b-monster」と言う。

〒104-0061

東京都中央区銀座2-8-12

ユニデン銀座ビル9.10階
TEL : 0570-065-111

「b-monster」のホームページには、

45分で1000kcaの高消費カロリーとある。

たった45分で、1000kcal
高い消費カロリーと理想体型の実現

ボクシングの動きは、

肩甲骨付近にある褐色脂肪細胞を刺激し、

脂肪を燃焼をしやすい身体にします。

ジョギングの1.5倍とかなりハードな

有酸素運動に加え、

キネティックチェーン理論に基づく

全身運動を自然に行えるので、

二重三重の運動効果が期待できます。

またインターバルトレーニングの要素も

入ったプログラムで、

アフターバーン効果も狙えるため、

通常のトレーニングでは実現しづらい

800〜1,000キロカロリーの高カロリー消費と、

しなやかな筋肉のついた理想的なスタイルを

目指すことができるのです。

この続きは、「b-monster」のホームページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする