早実・清宮 1年ぶりの三振。その投手とは?

春のセンバツを掛けた

秋季東京都高等学校野球大会で、

早実・清宮幸太郎内野手が

1年ぶりの三振をした。

清宮を三振に取ったピッチャーとは、

都立片倉高校の森田 大翔投手である。

スポンサーリンク

片倉高校は、都立高校でありながら、

ベスト16まで進める強いチーム。

そのチームのエースである森田大翔は、

左サイドスローの軟投派で、

清宮を三振に取った試合は、

先発のマウンドに立った。

清宮には遅いボールを有効に使い、

最後はスライダーで空振り三振。

清宮は、

「出どころが見えにくかった。選球眼に尽きる。最後も多分、ボール」

と反省。

都立片倉高校の森田大翔投手は、

福生市立第一中学の出身で

現在は、都立片倉高校の2年生。

一方の清宮は、

昨秋の二松学舎大付戦以来、

49打席ぶりの三振に倒れた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする