退団騒動が影響!宮間あやベンチ外で13連敗。2部降格

女子サッカーの岡山湯郷Belleが

13連敗の屈辱で2部降格が決定!

その敗因の原因は、

退団騒動により、主力4選手が

辞めた為の戦力不足である。

スポンサーリンク

退団した選手

20161023-%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%82%82%e3%81%a8
背番号1 GK 福元 美穂

20161023-%e3%81%8b%e3%81%a4%e3%81%be
背番号6 MF 葛間 理代

20161023-%e3%81%9f%e3%81%8b%e3%81%af%e3%81%97
背番号4 DF 髙橋 佐智江

20161023-%e3%81%be%e3%81%a4%e3%81%8a%e3%81%8b
背番号11 FW 松岡 実希

岡山湯郷といえば、

日本代表「なでしこジャパン」の大黒柱

『宮間あや』が所属し、

なでしこリーグでも上位を争うチーム。

そのチームが2016年に勃発した、

退団騒動より歯車がおかしくなり、

主力の4選手が退団し、

監督やゼネラルマネジャーまでもが

引責辞任するという最悪な事態となっていた。

主将の宮間あやも退団を予定していたが、

退団を思いとどまった。

もしかすると、6月に膝の手術を行ったので、

怪我の状態での退団を思いとどまったのか?

20161023-%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%be

この退団騒動は、

『結城治男監督代行との指導法の対立』

と報道されているが、

実際の原因は、監督ではなく、

【フロントに対する不信感】

だったようだ。

スポンサーリンク

2016年の岡山湯郷は、

3勝1分14敗の最下位でシーズンを終了。

4月24日の浦和レッドダイヤモンズに

勝利して以来、半年以上も勝てていない。

主軸の宮間あやは、

最終戦の新潟Lもベンチ外であった。

退団騒動の影響か? と思われるが、

6月に手術した膝の回復が思わしくない。

来年は、宮間も完全復活!

2部ではあるが、岡山湯郷の

快進撃が楽しみでもある。

が、

フロントとの不信感がまだ残っていると、

手術の回復を見て、

移籍って話も勃発しそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする